リーディング攻略

TOEICで時間が足りなくなる原因と解決法を紹介!時間配分も解説します。

TOEIC 時間

最後に、皆さんの参考になるのかはわかりませんが、私がしてきたTOEICの時間対策を紹介します。

私のTOEIC時間対策

最後に、私がしてきたTOEIC時間対策を紹介します。

 

私は、Part5が圧倒的に苦手です。

構文解釈とか、修飾関係とか、大嫌い!!

なので、どうせ時間をかけてもPart5は良い得点が取れないので、最後の10分で解くことにしました。

リーディングの最初に苦手なパートを解いてしまうと、分からない問題が多すぎて不安になり、ペースが崩れるし、時間がかかってしまう可能性があるからです。

Name
Part6→Part7→Part5という順番で解くことにしました

 

Part6やPart7で意識していたことは「決して止まらない」という事です。

 

Name
止まるんじゃねぇぞ…!

 

分からない単語や表現にあたっても、決して止まらず、文全体の解釈を優先します。

そうしないと、わからない単語にばかり意識が行ってしまうからです。

 

理解できる部分に目を向けて、わからない部分を補い、解答していく方が合理的だからです。

わからない部分や、覚えていない表現に対して時間をかけると、たいてい時間の無駄になるので、わかる部分を最大限活用する、という方針を取っていました。

 

私はその方針が功を奏し、1か月で710点から815点まで点数を上げることができました。
(その2か月前は560点)

Name
良かったら参考にしてみてください!

 

今回は、TOEICの「時間」にフォーカスを当てて、時間が足りないことを解決する方法を紹介してきました。

このサイトでは他にも、様々なTOEIC攻略情報を掲載しているので、よかったら他の記事も見てみてください!

トップページ・記事一覧

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

1 2
ABOUT ME
勉強嫌いマン
「英語力がない自分でも、楽にTOEICで高得点取れる方法ないかな?」 と思い、独自にTOEICの研究を開始。 効率よく点数を上げる方法を編み出し、4ヶ月間・135時間という短い勉強時間でで560→815点と伸ばした。その後も800点台を余裕でキープし、TOEIC研究を続けている。 本職はシステムエンジニア。