知らなきゃ損!800点を最短距離で取る方法【TOEIC攻略】

この記事では、TOEICで800点を最も効率よく取得するための方法を紹介します!

私は、4か月間・総勉強時間135時間という短い期間と勉強時間で、560→710→810と点数を伸ばした経験があります。

 

※一般的に、500点台から800点台まで点数を伸ばすためには、700時間近く勉強する必要があります。
参考サイト:https://toiguru.jp/test-prep-schedule

 

私がその時に行っていた勉強法と、800点を取るための戦略、TOEICに対する考え方について、解説していきます。

 

ちなみに、800点を取ると、英語力をかなり高く評価されるだけでなく、就活・転職・昇進などで非常に有利になるので、ぜひこの記事を読んで取得してください!

 

800点を取るための考え方

まずは、800点を取るための考え方について解説していきます。

800点というと、非常に高い英語力が必要なように思われますが、必ずしもそうではありません。

TOEICの特徴を知り、適切な対策を行いさえすれば、英語力がなくても短期間で取得できる点数です

800点取得に英語力は要らない

TOEIC800点に英語力は必要ありません。

なので、TOEICの点数を上げるために英会話を始めてみたりリスニング対策として発音練習をしたり高校レベルの分厚い文法書を使ったりして、根本的な英語力を伸ばそうと勉強するのは、非常に効率が悪いので絶対にやめましょう

※英語力を身に着けることが目的で、その過程でTOEICを受験している方はOKです。TOEICで点数を取得することが最終目標なのに、根本的な英語力を身に着けようとするのはダメです。

 

その理由は2つあります。

・TOEICで出題される英文や表現はかなり限定的である
・パート毎にお決まりの解き方があり、明確な攻略法がある

 

TOEICは、どのような単語・表現が出題され、どのように解けばいいのか、という攻略方法がハッキリしているテストです。

なので、出題される単語・表現と、その解き方さえ身に着ければ、英語力がなくても短期間で高得点を取得出来てしまいます

※一方で、総合的な英語力を身に着けようとかなり時間と労力がかかります。TOEICで点数を取得することが目的ならば、かなり遠回りになってしまいます。

 

TOEICで点数を取得するために必要な力を、説明の便宜上【TOEIC力】と呼ぶことにしましょう。

ここまでを一旦まとめてみます。

【TOEIC800点取得に必要な考え方】
必要なのは英語力ではなく、TOEIC力【TOEIC力とは?】・TOEICで出題される英文や表現を徹底的に身に着ける
・パート毎のお決まりの攻略法を身に着ける

 

・TOEIC力をどうやって身に着けるのか
については後々解説していきます。

 

800点を取得するために重要な、戦略の立て方を解説していきます。

800点を取るための戦略

800点を取得するためには、戦略が非常に重要です。

800点を取るためにはおよそ8割の問題に正答する必要があります。(※厳密には正答数≠スコアですがそれは一旦置いておきます)

ですが実は、8割の問題に正答するために、完璧に解かなくてはいけない問題は8割ではありません。

TOEICで最も効率よく800点を取得するには、6~7割の問題を完答し、残りの4~3割の問題を2択までしぼるという戦略が効果的です。

2択まで絞ったら、勘でどちらかをマークします。

なんでその戦略を取ると効率がいいの?

「なぜこの戦略をとると効率が良いのか?」を解説するととても長くなってしまうので、詳しい解説はここでは控えます。大雑把に要約すると以下の通りです。

・TOEICは選択肢から一つの正解を見つけ出すことは難しくても、不正解の選択肢を見つけ出して消去法で選択肢を絞ることは比較的容易である
・TOEICは時間がシビアで解ききるのが難しいテストで、様々な難易度の問題がバラバラに出題されるので、分からない問題を飛ばしてでも、テスト全体の内解ける問題を確実に解く方が効率が良いから

もっと詳しく知りたい方は下記記事を見てみてください。

関連記事

この記事では、TOEICのPart別の問題解説と、無料で問題演習をする方法を紹介します。 TOEICである程度の点数を取るためには、Part別にどのような問題が出題されるのか、攻略のポイントはどこなのかを抑えている必要があります。 […]

TOEICの問題を解説

 

TOEICで800点を取るために、確実にわかっていなければいけない問題は6~7割と聞いてどうでしょうか?

確率的には3問に1問は解けなくてもいいわけです。そう考えるとかなり気が軽くなったような気がしませんか?

 

【TOEIC800点を効率よく取得するための戦略】
6~7割の問題を完答し、残りの4~3割の問題を2択までしぼる

 

 

「3割の問題を2択まで絞って運任せ」というのが少し怖いと思う人もいるかもしれませんが、TOEICは全200問もあるので、その3割は60問になります。60問もあるならば、1/2の運任せで運悪く点数が大きく下がってしまう、という事は基本的にありません

 

それでは、TOEICで800点を取るための考え方と戦略を知っていただけたところで、具体的な勉強方法を解説していきます!

800点を取るための勉強法

TOEICで800点を取るために必要な勉強法について解説していきます。

まずは、ここまでの内容をまとめて、800点を取るために必要な事をハッキリさせましょう。

6~7割の問題を完答し、残りの問題の選択肢を1/2まで絞ることができるTOEIC力を身に着ける

 

これを達成するために必要なことは、このサイトの各パートの攻略ページを見て、問題演習で実践していくことです。

TOEIC力ってなんだっけ?
【TOEIC力】
・TOEICで出題される英文や表現を徹底的に身に着ける
・パート毎のお決まりの攻略法を身に着ける

このサイトでは、このようなTOEIC力をどうやったら身に着けることができるのかを徹底的に解説しています

 

まずはこのサイトを見て、パート毎の攻略方法を身に着けてください。

当サイトには有料の記事は一切ありません。代わりに、宣伝している教材の紹介料で成り立っています。
(※当然のことではありますが、自分が使って本当に役に立った教材しか宣伝しておりません)

 

このサイトを見てパート毎の攻略方法を身に着けたら、問題演習をしましょう。

ですが、TOEICは公式問題集がテストたった2回分で3240円もするので、スタディサプリ ENGLISH という教材で問題演習するのがおススメです。

 

月額制ですが、テスト20回分とその解説動画が解き放題で、パート毎の解き方の講義も聞けるので、現状TOEIC対策で最もコスパのよい教材です。

1週間は無料で試すことができ、期間内に解約すれば料金はかからないので、ぜひ試してみてください。

 

 

ここまで、TOEICで800点を取得する方法を解説してきました。

TOEICで800点は、適切な対策ができれば決して難しいスコアではありません。
ですがその割には、世間から非常に高い評価を得ることができるオイシイ点数でもあります。

正しく対策して、効率よく取得しましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

トップページ・記事一覧へ