パート2、疑問文じゃないやつの対策方法は?

 

パート2は基本的に質問文は疑問文なのですが、そうではない問題もあります。

2つのパターンと対策を紹介します。

付加疑問文

普通の文の最後に、”don’t you” ”didn’t you” ”haven’t you”などをつけることによって、疑問文と同じような意味にや念押しの意味を付け加えたりする文です。

中学の文法の授業で学習する表現です。実は疑問文の時と解き方が変わらないので簡単です。例文を挙げて説明します。

It’s a beautiful day,isn’t it? (今日はいい日ですよね?)

これは、最後のisn’t itを”Is it”にして文頭にくっつけ、疑問文の形にすれば、まったく同じ意味になります。

この例であれば、”Is it a beautiful day?”と同じ意味になるのです。

したがって、付加疑問文が出てきたときには、普通の疑問文と同じ解き方をすることができます。(疑問文の時の解き方は、パート2分析と対策パート2の戦略の記事をご覧ください)

このほかにも、付加疑問文には様々なパターンがありますが、(”~do you?”や”~have you?”など)中学校の学習範囲なのでここでの紹介は控えます。

付加疑問文の理解に自信のない方は、中学校の英文法を総復習できる本が書店などでたくさんありますから、そちらを少し読んでみるとよいかもしれません。

ある程度付加疑問文がどのようなものか把握している人は、問題演習をしている中ででてきた付加疑問文を、復習する中で学習していくだけで十分でしょう。

また、付加疑問文は、最初の語を聞き逃してしまった人にとっては、チャンス問題でもあります。

パート2で正答を選ぶためには、質問文の最初の三語を聞き取ることが大切だという事を、パート1の分析と対策の記事で説明しましたが、

最初の三語を聞き逃してしまったとしても、疑問文の最初の三語にあたる部分が、付加疑問文では最後にくっついているので、最後の部分だけ聞き取れれば、応答と照らし合わせて解けてしまう事があります。

パート2は長丁場なので、途中で集中が途切れてしまって、大切な最初の部分を聞き逃してしまう可能性を考えると、付加疑問文はむしろラッキーな問題といえるかもしれません。

呼びかけや提案

また、単に呼びかけや提案が質問文として放送されることがあります。

例えば、

We found some defects. (私たちはいくつかの欠陥を発見しました)

 (A)It is defensive(それは防御的です)

 (B)He likes it.(彼はそれが好きです)

 (C)That’s unfortunate.(それは残念です)

このような問題の出題が予想されます。

このほかにも、Let’s~で始まる文や命令文、感嘆文の出題の可能性も高いでしょう。

このような問題は、疑問文や付加疑問文のように、一部分だけに注目すればだいたい解ける、というわけではありません。

最初に放送される文全体の意味をざっくり理解して、応答文と照らし合わせる必要があります。

この問題の攻略ポイントとしては、比較的、3択の内の誤った選択肢の内容が、かなりぶっ飛んでいることが多いことです。

なぜなら、聞きたい内容をはっきり示す疑問文とは違って、呼びかけや命令・感嘆文への応答は、無数に存在するからです。

なので、これらの誤選択肢には、絶対に誤りになる選択肢を用意するために、まったく意味の分からない、絶対に意味の通らない返答を用意する必要があるのです。

ですので、質問文全体の意味をざっくり理解したら、応答文を消去法で選んでいくと比較的楽に解いていくことができます。

おわりに

疑問文の時と同様に、これらのタイプの問題でも、あまり難しい単語や表現は出てはこないので、聞き取れる単語を冷静に聞き取りましょう。

パート2のほとんどは疑問文であるので、最初の3語を集中して聞くという事を傾向と対策の記事で述べましたが、疑問文じゃないものが読まれると、一瞬思考停止してしまう、という可能性があります。

大半は疑問文ですので、あくまで例外としての対応で十分ですが、そこまで難しい文が出題されるわけではないので、

付加疑問文は疑問文に戻してそのまま解き、それ以外の問題は、選択肢まで落ち着いて聞き、消去法で回答しましょう。

トップページ・記事一覧へ

管理人はTwitterで絡んでもらえると喜びます