TOEICで500点を取るために必要な対策は3つだけ。

目標点数別

TOEICで500点を取るために必要な対策は3つだけ

とりあえずTOEICで500点を目指してます!
でも500点を取るにはどうしたらいいの?どのくらいの難易度なの?

この記事では、TOEICで500点を取るための難易度と、500点を取るために何をしたらいいのかを解説していきます。

先に結論を言うと、TOEICで500点を取るために必要な対策は、この3つだけです。

 

【TOEICで500点を取るために必要な対策】
 ・TOEICの問題を知る
 ・基礎的な語彙力を身に着ける
 ・中学校レベルの英文法を身に着ける

 

最後のひとつは、中学校レベルの英文法に自信がない人だけでいいです。
問題を知るというのは単に問題形式を知るという事ではないです。後程解説します。

まずは、TOEICで500点とはどのくらいの難易度なのかを解説し、500点がどのくらいの難易度なのか正しいイメージを持ってもらいます

その次に、今紹介した「500点を取るために必要な3つの対策」について詳しく解説していきます!

※目指す点数がどのくらいの難易度で、どのくらいの評価を得られるのかをはっきりさせておくと、勉強の効果が上がると科学的に証明されています。

TOEIC500点ってどのくらいの難易度?

TOEICを受けたことがないからわからないんだけど、TOEICの500点ってどのくらいの難易度なの?

TOEICの500点の難易度は、正しい対策をすれば簡単にとれるレベルといった感じです。

なかなかTOEICで500点を超えられない人は、正しい対策ができていない人がほとんどです。(具体的な対策は後程紹介します)

TOEICで500点を超えることができるのは、受験者のおよそ上位7割です。
TOEICを受験する層は、そもそも英語をちゃんと勉強している人たちなので、その中で上位7割に入るという事は、最低限の英語力の証明はできるといったところです。

世間からの評価は、詳しくはTOEICのスコアの目安について解説した記事で解説しているのですが、500点は「英語力がないってわけではない。基礎的な英語力はあるみたいだね」位の評価です。

※ある程度英語力を評価してもらうには、基本的に600点以上を取らなくてはいけません。(TOEICで600点を取得する方法はこちら)

TOEICを初めて受ける人や、英語の勉強をあまりしてこなかった人の、最初の壁が500点と言う事ができます。
「英語ビギナーを脱出した!」といえるのが500点です。

ではTOEIC500点について正しいイメージを持ってもらったところで、具体的な対策を解説していきます。

TOEICで500点を取るために必要な対策

じゃあ、TOEICで500点を取るためには具体的に何をしたらいの?

TOEICで500点を超えるのは比較的簡単という話をしましたが、受験者のなかには500点をなかなか超えることが出来ない人もいます。

そのような人はTOEICがどのようなテストなのかをよく理解できておらず、それによって正しい対策を行うことができていないことが原因です。

どのようなテストなのかを知らないまま臨むのは無謀なことです。
TOEICはそこまで甘くありません。

 

まずはTOEICの問題を「正しく」知ることから始めましょう

TOEICの問題を知る

TOEICで500点を取るには、TOEICがどのようなテストなのかを知っていなければいけません。
どのようなテストなのかわからなければ、適切な対策を立てることができないからです。

 

そして、TOEICの問題を知るという事は、ただ問題形式を知るという事ではありません

TOEICでどのような問題が出題されるのか+何をわかっていれば解けるのか

を知るという事です。

まずはこれがわかっていないと、何を勉強したらいいのかわからないため、正しい対策をすることができません。

ただし、そのようなことを自分で問題分析しようとしたり、TOEICのノウハウ本を買ったり、TOEICのスクールに行ったりすると、時間と労力とお金がかかってしまうので、このサイトの初心者向け攻略記事を一通り読んでもらえばOKです。→TOEIC初心者向け攻略記事一覧へ

この初心者向け攻略記事を一通り読んでもらえれば、TOEICでどんな問題が出題されて、何が理解できれば解けるのかがわかります

でも、そこそこボリュームのある記事なので、今すぐ読め!なんて言いませんから、暇がある時に読んてもらえれば結構です。

 

では次に、500点を取るためには何を勉強して、どんな知識を身に着ければいいのかを解説します。

500点を取るために必要な知識は、冒頭も言いましたが、基礎的な語彙力中学校レベルの英文法です。

TOEICに必要な基礎的な語彙力

基礎的な語彙力ってどうやって身に着ければいいの?

TOEICに必要な基礎的な語彙力を身に着けるには、TOEICの単語帳で初心者向けのやつをやればOKです。

 

TOEICの単語帳はいいものが多くありますが、中でも群を抜いて優秀なのは銀のフレーズという単語帳です。とても優秀なので、TOEIC初心者は大体みんなこれを使ってます。

何が優秀なのかというと、覚えなくてはいけない単語を過不足なく、試験に出てくる形で覚えることができるというところです。

小さめの書店でも売ってたりするくらいなので、実際に手に取って見てから買ってみてください。

500点を超えるためには、「銀のフレーズ」一冊だけやれば十分です。

TOEICに必要な中学校レベルの文法力

TOEICに必要な文法力、それは中学校レベルの文法力です。

高校で学習するようなレベルの英文法は必要ありません。

なぜかというと、あまり出ないからです。それだけの理由です。

TOEICは実用的な英語の能力を測る試験なので、ネイティブが普段使わないような複雑な文法を出題する必要がないのです。だから日本の高校で習うような小難しい英文法は必要ありません。
(※ただし、800点以上を目指すならば部分的に必要になることもあります。)

 

では、中学校レベルの英文法を身に着けるにはどうしたらいいのでしょうか。

中学校レベルの英文法の知識があるよって方は、この先は読まなくてOKです。
そんな人はTOEICの初心者向け攻略記事一覧の各記事読んでください。
そして先程紹介した「銀のフレーズ」を使って語彙力を身に着けてください。

 

中学レベルの英文法に不安がある人は、大きめの書店に行って、「中学英語を復習できる系の本」を探してみてください。今は中学英語を効率よく復習できる本がいっぱい出版されています。どれも質が良いものがそろっています。

選ぶ基準としては、
文量がそこまで多くなくて読みやすいもの読んでいて記憶に残りそうなもの、この2つを重視すれば大体外れないと思います。

個人的なおすすめはこれです。実際に書店で手に取って、中身を確認してから買ってください。
こういう本は、人によって合う合わないがはっきり出ます。なので参考までに。

今回はTOEICで500点を取るための方法を解説しました。
TOEICで500点は、いわば初心者の壁。決して取得するのが難しい点数ではありません。

正しく対策して、サクッと取得しちゃいましょう!

 

管理人
管理人

このブログでは、TOEICを最低限の勉強量で攻略する方法を公開しています。ご質問やご意見などありましたら、コメントにお書きください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました