TOEICで時間が足りなくなる原因と解決法を紹介!時間配分も解説します。

 

この記事では、TOEICリーディングパートの「時間」にフォーカスをあてて解説していきます。

TOEICは時間が本当にシビアなテストで、高得点者でも最後まで解ききることはかなり難しいくらいです。

時間内にリーディング終わったことないや。
時間内に解き終われるようになると、スコアはかなり上がるよ!

 

TOEICで高得点を取るためには必須な、時間配分や時間の使い方について、ガッツリ解説していきますよ!

 

TOEICの時間配分(目安)

まずは、TOEICの大まかな時間配分を確認してみましょう。

 

TOEICリーディングの時間配分は、一般的に以下のようになります。

Part5
(30問)
10分
(1問当たり20秒)
Part6
(16問)
10分
(1問当たり40秒)
Part7
(54問)
55分
(一問当たり60秒)

 

得意・不得意によって若干時間配分は変わりますが、基本的には、以上のように時間配分をするのがよいとされています。

Name
1問当たりにかけられる時間ってこんなに短いんだね
Name
TOEICは時間制限を厳しくすることで実践的な英語力を測っているんだ

 

とはいっても、この時間配分通りに解き進めることができれば、苦労しないですよね(笑)

ほとんどの受験者は、この時間配分通りには解き進めることができず、時間が足りなくなってしまいます。

 

まずは、なぜ時間が足りなくなってしまうのか、その原因を追究しましょう。

 

時間が足りなくなる原因

TOEICで時間が足りなくなってしまう主な原因と、その解決法を解説していくことにしましょう。

 

いくちか主な原因を上げるので、「1つだけ当てはまる!」という方もいれば、「全部当てはまる!」という方もいるかもしれません。

管理人
ちなみに私は全部当てはまりました(笑)
解決した方法は全て実体験です

 

わからない問題に時間をかけすぎてしまう

パッと見て分からない問題だけども、「もう少し時間をかければ解けるかもしれない…!」と思ってしまい、余計な時間をかけてしまう。

もはやTOEICあるあると言っても過言ではないくらい、これが原因で時間が足りなくなる人って多いのではないでしょうか?

 

Name
時間をかけちゃいけないってわかっているのに、問題を捨てるのが惜しくなっちゃうんだよね~
Name
10秒考えて分からないならもうあきらめた方がいいよ!

 

TOEICは、1問当たり数十秒で解いていかなくては間に合わない試験なので、わからない1問に時間をかけすぎては絶対にいけません。

かといって、わからない問題を捨てる決断をするのって、結構難しいですよね。

解決方法としては、ハッキリとした基準を作ることです。

Name
10秒考えて分からなかったらあきらめる!!

といったように、ハッキリとしたあきらめるまでの基準を作ります

「自分がその問題を解き続けたいか否か」という感情に任せると諦めがきかなくなるので、解き続けるかどうかの判断を「基準」に任せましょう。

 

私は、「大体10秒たったなぁ」って思ったら、消去法で「これは正解にはならんだろ」という選択肢を消して、残ったものの中から勘でマークしました。

Name
消去法で(B)と(D)が残ったから、ボクの血液型の(B)にしよっと!

 

TOEICは消去法で選択肢を絞りやすい試験です。
なので、あきらめた問題であっても、消去法で選択肢を一つくらいは絞れたりします。
勘でもだいぶ正答率は変わりますよ!その根拠はこの記事で解説しています
関連記事

  この記事では、TOEICというテストを徹底分析していきます。 「テストを分析をする」というのは、「テスト作成者の意図を探る」と言い換えてもいいかもしれません。 出題者目線に立って考えることで、よりTOEICを[…]

TOEICテスト

 

読むスピードが遅くて時間が足りない

「英文を読むスピードが遅くて時間が足りない!」というのもよくある原因の1つでしょう。

Name
単純に文が読み終わんねぇ

 

この場合は、
・英文を早く読めるように、単語の覚え方を変える
・ひたすら速さに慣れる
という2つの解決方法があります。

 

単語の覚え方を変える

 

英文を読むのが遅いことの原因は、「単語や表現のや字面・音」と「意味」がちゃんと結びついていないことにあります。

 

TOEICで出てきた単語を悩んで思い出している時間はありません。

Name

えーっと、”complimentary”ってどういう意味だっけ… あ、「無料の」って意味だ!

 

Name
そんな読み方をしているといつまでたっても読み終わらないよ

 

TOEICで役に立つ単語力とは、”apple”という単語を見て、すぐに「リンゴ!」と意味が分かるレベルの単語力です。

「単語」と「意味」を強固に、直接結びつけることが大切です。

そんな単語の身に着け方は以下の記事で解説しています。

関連記事

TOEICは単語力がモノをいうテストといっても過言ではないというくらい、 TOEIC対策において単語を身に着けることは、点数を上げるために重要なことです。 ですが、ただ単語を覚えれば良いというわけではありません。 &nbs[…]

 

速さに慣れる

読む速さを速くするには、普段から英文を速く読み、速さに慣れることがとっても大切です。

既に学習済みの英文でいいので、速く黙読・速く音読・速く聴く、ようにします。

人間は不思議なことに、速さに慣れることができる動物なので、速く英文を理解する訓練をするために、実際に速く口や耳・目を動かして英文を理解しようとします。

 

Name
そんなんで本当に速さに慣れることができるの?
Name
個人差はあるだろうけど、「速さに慣れる」という感覚は、球技の経験がある人なら結構経験していることなんじゃないかな?

 

結構効果のある方法なのでぜひ試してみてください!

 

 

メリハリをつけて読んでいないから時間が足りなくなる

Part7(長文読解問題)では、メリハリをつけて読むことが大切です。Part7でメリハリをつけずに読んでいると時間が足りなくなります。

Name
メリハリをつけて読むってどういうことよ?

「メリハリをつけて読む」というのは、

解答のヒントにならなそうなところは大雑把に読み進めて、解答のヒントが書いてありそうなところを重点的に読んでいく

という事です。

Part7で通用するテクニックです。

 

Name
読んでいる部分が解答のヒントになっているかどうかなんてわからなくない?
Name
TOEICは、質問の内容を先に確認できるテストだから可能なんだ。

 

Part7は、先に質問文や選択肢を見ることができます。

本文を読む前に先に質問を読み、何が問われるのかを把握してから本文の読解を行うことができます。

なので、読んでいて「ここは解答には関係なさそうだなあ」と思ったら、積極的にその部分を読み飛ばしちゃえます。

 

ここまで、TOEICで時間が足りなくなってしまう原因とその解決法を紹介してきました。

もう一つ、大事なことを補足しておきます。

 

それは、別に順番通り解く必要はないという事です。

 

TOEICのリーディングは順番通り解く必要ない

TOEICのリスニングは放送に合わせて順番通り解かなくてはいけませんが、リーディングは別に順番通り解く必要はありません。

 

・「Part5は時間をかけてもあまり点数を取れる見込みがないから、最後に回そっと」。

・「Part7はシングルパッセージ問題の最後よりも、マルチプルパッセージ問題(複数文書問題)の方が簡単なことが多いから、Part7は先に復習文書問題をやってしまおう!」

(※Part7は前半がシングルパッセージ問題、後半がマルチプルパッセージ問題になっています

 

などなど、自分の状況に合わせて解く順番を変えるのも、無駄な時間をかけないための良い手段です。

Name
分からない問題に直面したら時間が無くなるから、分からないものを最後にしてしまえばいいや!

 

 

最後に、皆さんの参考になるのかはわかりませんが、私がしてきたTOEICの時間対策を紹介します。

私のTOEIC時間対策

最後に、私がしてきたTOEIC時間対策を紹介します。

 

私は、Part5が圧倒的に苦手です。

構文解釈とか、修飾関係とか、大嫌い!!

なので、どうせ時間をかけてもPart5は良い得点が取れないので、最後の10分で解くことにしました。

リーディングの最初に苦手なパートを解いてしまうと、分からない問題が多すぎて不安になり、ペースが崩れるし、時間がかかってしまう可能性があるからです。

Name
Part6→Part7→Part5という順番で解くことにしました

 

Part6やPart7で意識していたことは「決して止まらない」という事です。

 

Name
止まるんじゃねぇぞ…!

 

分からない単語や表現にあたっても、決して止まらず、文全体の解釈を優先します。

そうしないと、わからない単語にばかり意識が行ってしまうからです。

 

理解できる部分に目を向けて、わからない部分を補い、解答していく方が合理的だからです。

わからない部分や、覚えていない表現に対して時間をかけると、たいてい時間の無駄になるので、わかる部分を最大限活用する、という方針を取っていました。

 

私はその方針が功を奏し、1か月で710点から815点まで点数を上げることができました。
(その2か月前は560点)

Name
良かったら参考にしてみてください!

 

今回は、TOEICの「時間」にフォーカスを当てて、時間が足りないことを解決する方法を紹介してきました。

このサイトでは他にも、様々なTOEIC攻略情報を掲載しているので、よかったら他の記事も見てみてください!

トップページ・記事一覧

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

TOEIC 時間
最新情報をチェックしよう!