TOEICパート5ってどんな問題がでるの?

パート5&6攻略

TOEICパート5ってどんな問題?

TOEICのパート5ってどんな問題なの?

今回は初心者向けに、パート5がどんな問題なのかを解説していくよ!

TOEICパート5はリーディングパート最初のパートです。
パート5でつまづくと、リーディングパート全体のスコアが下がってしまうので、しっかり解けるようになることが大切です。

今回は、初心者の方に向けて、TOEICパート5ってどんな問題が出るのかという事を解説していきます!パート5がどんな問題なのかを知ってる人向けには、パート5の攻略法の記事がありますので、そちらをご覧ください。

パート5の概要!

TOEIC公式は、パート5のことを「短文空欄補充問題」と呼んでいます。
「短文」といっていますが、ほぼ一文だけです。

文の中に空欄があって、その中に当てはまる最も適切なものを4つの選択肢から選びます。

こんな感じです。

短文
Power in the Yamada Building shut down around 3 P.M. yesterday,
but it was restored ——- minutes by the backup generator.

選択肢

(A)as
(B)within
(C)to
(D)through答え(B)within(訳:Yamadaビル内の電力は、昨日午後3時ごろに停止しましたが、予備の発電機により、数分以内に復旧しました。)
この問題の空欄にあう単語は”within”「~以内に」だけですので、(B)が正解です。
このような問題が合計30問出題されます。

“within”以外は空欄に入れても意味が分からない文章になってしまうね。

どんな問題が出るの?

パート5には様々な問題が出ますが、大きく分けると2種類の問題に分けることができます。
文の意味から解く問題文の形から解く問題です。
それぞれを紹介していきます。

文の意味から解く問題

先程の例は、文脈から解く問題でした。within以外は、空欄に入れても意味が分からない文章になってしまうように、文の意味に合う選択肢を一つ選ぶという問題です。
この問題では、当然ですが文の意味を理解しなくてはいけません
このような問題が、およそ6~7割出題されます
一方で、次に紹介する文の形から解く問題では、文の意味が分からなくても解くことができます。

文の形から解く問題

文の形から解く問題というのは、基本的には品詞問題です。
品詞問題というのは、選択肢の中で空欄にあう品詞を選びます。

例文(公式問題集の改題)

Compliaints about the price were relatively ——.

選択肢
(A) rarest(形容詞の最上級系)
(B) rarity(名詞)
(C) rarely(副詞)
(D) rare(形容詞)

答え…(D)
(日本語訳)値段に関するクレームは比較的まれでした。

これから一応問題の解説をするけども、今は意味が分からなくても大丈夫!あくまでも例題です!

このように選択肢には、意味が同じで品詞が違う単語が並びます。
この文の形から見るに空欄には、副詞や名詞は入りません。
残った形容詞の2つの内、どちらかが正解になります。
そして最上級はこの文には明らかに不適なので、文の形から”rare”が正解になります。
この問題では、文の意味が分からなくても解くことができます
文の形、だけわかれば選択肢を絞ることができるのです。
このような、文の意味が分からなくても解ける問題は、おおよそ3~4割です。

パート5の勉強は何から始めればいい?

パート5は出題される問題の種類と、その割合がある程度決まっているので(詳しくはパート5の分析の記事で解説しています)よく出題される種類の問題から、問題種類別に解き方を身に着けることが大切です。
と、言われても何から始めていいのかわからないと思うので、おすすめの教材を紹介します。

負担を少なく勉強したいなら

初心者でも始めやすいパート5の対策の教材はスタディサプリTOEIC対策コースです。
TOEICの参考書をいくつも出版している講師の講義動画を見ることができるのですが、これが圧倒的にわかりやすいです。
独学で始めようとすると負担が大きく、時間の無駄につながりますし、挫折する可能性が高くなります。ですので、導入としてこのサービスを利用することは大変おすすめです。
ひとつ注意してほしいのですが、このサービスではパート5の主要を占める「語彙問題」という問題の解説が少なめなので、あくまでも導入として使ってほしい所です。
詳しいことは、TOEICテスト対策 ←こちらから見れますので、興味のある人はぜひ見てみてください。
大手のリクルートという会社が運営しているので安心してください。追記:キャンペーン中みたいなので、今は申し込むチャンスみたいです。
月額料金がかかりますので、ちゃんと勉強を継続してできる人だけ申し込んだ方がいいです。
ちゃんと継続して勉強できる人にとっては、間違いなく月額料金以上の効果があるサービスです。
自分の意思じゃ勉強無理!(>_<)
って人は下にスクロールして、「自分の意思では勉強できない派」というところを見てみてください。

独学で何とかできちゃう派

ある程度独学で何とかできるよって方は、パート5の対策の参考書はたくさんありますから、大きめの書店などで実際に手に取ってみてみて、気に入ったものを選ぶとよいです。
参考までに判断基準は、
  • 問題種類別の対策ができそうかどうか
  • 難しすぎない・もしくは簡単すぎないか
  • 解説がわかりやすいか
この3つで選ぶと外れにくいと思います。一番上を一番重視してください。(ちゃんと自分で勉強するのが大前提)
書店で実際に手に取ってみるのが大切です
またこのサイトでは、他にもパート5攻略記事を用意してるので見てみてください。
個人的なおすすめは「究極のゼミ」シリーズです。ご参考までに。

自分の意思では勉強できない派

自分の意思では勉強できない人には、パーソナルコーチ付きのオンラインサービスで勉強することをおすすめします。
そういうサービスは高額だと思われがちですが、リクルートがリーズナブルなサービスを展開しています。
TOEICを何回も受験だけして、ずっとスコアが低いまま停滞している人ってかなりいます
そして、TOEICの教材だけたくさん持っていたりします。(ほとんどやってない)
そのような人すべてがちゃんと勉強していないからスコアが伸びていないというわけではないのですが、僕が相談を受けた人のほとんどは、単に勉強していないだけの人が多いです。
受験一回につき5000円と参考書だって安くありません。ハッキリ言ってお金と時間の無駄です。
そうはなりたくない人や心当たりがある人、以前同じような失敗をしたことがある人は、スタディサプリのTOEIC対策パーソナルコーチプランを申し込むことを全力でおすすめします。
詳しいサービスは業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH ←から見てみてください。
絶体に挫折したくない人、本気で点数を上げたい人だけ申し込んだ方が良いです。

おわりに

今回はパート5の問題について、初心者向けの解説をして、おすすめ教材を紹介しました。
もっと点数を伸ばしたい人、中級者にもためになるようなパート5の攻略記事は、
などを参考にしてみてください!
この記事が少しでも皆さんの力になれれば嬉しいです。
このサイトでは、様々なTOEIC攻略情報を掲載しています。トップページよりご覧ください!
管理人
管理人

このブログでは、TOEICを最低限の勉強量で攻略する方法を公開しています。ご質問やご意見などありましたら、コメントにお書きください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました