TOEIC Part7を簡単に攻略できる方法とは?

 

※この記事はただいま編集中でございます。申し訳ございません。

おさるさんコメント

 

TOEICパート7を最短距離で攻略するためには、「出題される文書形式がパターン化している」というTOEICパート7の特徴を利用することが最も効率的です。

文書形式がパターン化していることを利用すれば、読むべき部分を大きく減らし答えへのアクセスを圧倒的に簡単にすることができます。

これは、TOEICでよく言われている「慣れ」と言われている部分で、TOEICになれている人や英語力のある人が自然にやっていることですが、これを自然にできるようになるまで練習しようとすると莫大な時間がかかってしまいます。

最初からこの記事で書いてあることを意識しておけば、「慣れ」にかかるはずの時間を大幅に減らし、効率的にTOEICパート7の攻略を進めることができます

と言われてもピンとこない人も多いと思うので、まずは、文書形式のパターン化とは具体的に何なのかを解説し、それを利用することでどのようにパート7を解くことができるようになるのか、具体的な例を挙げて解説していきます。

また、この記事はパート7の問題がどのようなものなのかを知っている人向けに書いています。パート7について知らない方は、パート7ってどんな問題が出るの?(現在編集中)という記事から読んでいってください。

TOEICPart7の攻略のカギ

TOEICパート7の攻略のカギは、出題される文書の形式がだいたい決まっている、事です。

 

【TOEICPart7の攻略のカギ】
出題される文書がだいたい決まっている

 

TOEICを何回も受験したことがある方は知っているかもしれません。
TOEICのPart7では、出題される文書の種類はかなり少ないです。

 

では、どのような文書が出題されるのでしょうか?

基本的には、Eメール(手紙)、チラシ等の広告、記事、おしらせ、チャット、伝票などの記入フォームの6種類の文書が出題されます。
(追記:最近は商品のレビューの文書も少しずつ増えてきているみたいです。)

記事は新聞形式だけではなく、web形式になっていることもありますが、特にそれで変わったことはありません。

他にも、1、2題ほどイレギュラーな文書はでてくることがありますが、Part7全体の英文23文のうち、ほぼ上の6種類しか出てきません。

さらにいうと、Eメールが圧倒的に多いです。
およそ半分ほどがEメールなんてこともあるくらい、Eメールは非常に多く出題されます。
では、この出題される文書が決まっていることが、なぜ攻略のカギになるのでしょうか?
このPart7の特徴を、どのように生かしていけばいいのでしょうか?
それを次の章から解説していきます。
ろ、その前にこの章の内容をまとめておきましょう。

・Part7で出題される文書は基本的には6種類…Eメール(手紙)、チラシ等の広告、記事、おしらせ、チャット、伝票などの記入フォーム(それ以外は1~2文書程度)

・特に多いのはEメールで、およそ半分近くがEメールになることもある。

 

 

TOEIC Part7の文書の特徴

では、「出題される文書が決まっている」ことを、どのように生かして攻略していけば良いのかについて解説していきます。

 

先程紹介したTOEICで出題される文書には、ほとんどが形式的な文書であるという特徴があります。

一番多く出題されるEメールは最もそれが顕著です。

日本語でもそうですが、お仕事のEメールは形式にのっとって、どこに何を書いてあるのかが読み手にわかりやすいように書いてあります。

広告にしても、伝票にしても、おしらせにしても、読み手に伝わりやすいような「テンプレート」が存在していたり、どこに何の情報を書いてあるのかが一目で分かりやすい文構造になっていたりします。

 

なので、TOEICPart7で出題される文書には、このような特徴があります。

・どこに何の情報が書いてあるのかがわかりやすい
・定型文などの読まなくてもいい部分が多い

この2つの特徴を利用することで、TOEICPart7をとても楽に攻略することができます。
では次に、それぞれの特徴について、詳しく解説をしていきます。

 

 

【ここまでのまとめ】
TOEICPart7の文書は「形式的な文書」である。なので…
どこに何が書いてるのかがわかりやすい
定型文などの読まなくていい部分が多い
という特徴がある。

 

ただし、記事とチャットについては、他の形式的な文書とは少し違う部分があるので、このあと別に解説をします。
まずは2つの特徴について深堀りしていきましょう。

 

どこに何が書いてあるのかがわかりやすい

一つ目の攻略ポイントは、どこに何が書いてあるのかわかりやすいという特徴です。

 

最もその特徴が顕著なのは、一番多く出題されるEメールです。

日本のビジネスメールでは、挨拶→要件→結びの文という順番で書かれますが、英語のメールも同じような形式になります。

 

このように、どこに何が書いてあるのかわかりやすいということを利用することで、答えの根拠へのアクセスを圧倒的に簡単にすることができます

例えば、Eメールの文書で、「前にどのようなアクティビティを行ったか?」という質問があったとするならば、答えはEメールの最初に書かれているでしょう。

メールでは最初に挨拶文として、前に行ったことのお礼を書くことが多いからです。

 

その他にも、広告ならば文書の最後や端に連絡先があることが多いなど、どこに何が書いてあるのかというのが理解しやすくなっています。

 

定型文などの読まなくていい部分が多い

もう一つのパート7の攻略ポイントは、読まなくて良い部分が多いという事です。

例を挙げます。

I hope you don’t mind me asking…
これは、なにかを質問する時につかう定型的な表現で、日本語で言うような「恐れ入りますが」や「失礼ですが」のような意味です。
いわゆるクッション言葉ですね。
直訳すると「私は貴方が気にしないことを望みます、私が質問することをね…」となります。
意味わからなくはないですが、ちょっと読み取るのが大変ですね。
この定型表現を知らないと、上記の難解な読み取りをする必要が出てしまうのです。
ですが、この表現を知っている人は、この文を読むことはありません。
この文を見た瞬間、「次に質問が来るんだろうな」とすぐにわかるので、次の質問から読み始めることができます。
定型的な文を読むのと読み飛ばせるのとでは、時間のロスと負担が大幅に変わるのです。
そして、定型的な文というのは、次に何を書くのかを紹介してくれます。
上の例だと、「次に質問が来るよー」と紹介してくれているのです。
ですから、頻出の定型的な文を知っていると、どこになにが書いてあるのかを理解するのに役立ち、正答の根拠を探しやすくしてくれるという効果があるのです。

TOEICの文書は形式的なので、このような読解の役に立つ定型文がたくさん出てきます。

日本語のビジネスメールをイメージしてください。あいさつ文や結びの文など、定型的な表現がかなり多いですよね?英語でも同じです。

このことが、TOEICPart7を効率よく攻略するために非常に役に立ちます。

よく出題される定型文を知ることで、その部分を読み飛ばすことができ、次にどのようなことが書いてあるのかを知ることができるので、効率と内容理解を同時に深めることができるようになります。

 

ここまでのまとめ

TOEICPart7では質問の先読みが必須

ここまで、Part7を攻略するために必要な問題の特徴を見てきました。
それをもとに、実戦的な解き方として、「質問の先読み」について解説していきます。

 

まずはなぜ、質問の先読みが必須であるのかをしってもらうために、Part7のタイムスケジュールから解説していきます。

 

TOEIC Part7のタイムスケジュール

TOEICPart7はタイムマネジメントが重要であることは、一度受験をしたことがある人ならばわかっていることだと思います。

 

Part5,Part6を順調に解けたとしても、Part7に割くことができる時間は55分間しかありません

Part7は全部で54問ありますから、英文をよみながら1問1分で解き進めていかなくてはいけないのです。

そんなタイトなタイムスケジュールで進むPart7では、質問に答えるために、何度も英文を読むような時間はありません。

一度読んだ英文をもういっかい読みなおす時間はないです。
解答の根拠となる部分が読まれたならばその場で回答していかなければ、絶対に時間が足りなくなってしまいます。

 

そのために、質問の先読みが必須なのです。

質問の先読みして、何が問われるのかをあらかじめ知ってから英文を読んでいき、解答の根拠となる部分を見逃さないように読んでいかなくてはいけないのです。

 

では具体的な先読みの方法について説明していきます。

 

TOEICPart7の先読みの方法

ではPart7の先読みの方法について解説していきます。

質問文を先読みすると言っても、ただ先に質問を読めばいいというわけではありません。
質問文を先読みするための準備として、先に確認するべき点が2つあります。

それが文書形式タイトルです。

なぜ先に「文書形式」と「タイトル」を確認するかというと、どの質問の答えの根拠がどこに書いてあるのかを先に予想するために必要だからです。

その2つを確認した後に質問文を先読みしていきます。

先読みをするときには、その質問の答えの根拠になっている部分が、本文のどこに書いてあるのかを確認しながら解いていきます。

 

Part7では、形式的な文書が多いため、どこに何が書いてあるのかがわかりやすいという特徴があることはすでに紹介しました。

その文書の形式とタイトルを先に確認することで、先に文書でどこにどんなことがかかれているかの予想を立てることができるようになります。

 

質問文の先読みをした時に、「この質問文の答えの根拠はどこにあるんだろう?」という予想を、先に確認した「文書形式」と「タイトル」を基に立てていきます。

そうすると、質問文の答えの根拠を非常に見つけやすくなります。

 

さらに、たとえその予想が外れていたとしても、予想をするというプロセスを挟むことによって、その質問が頭に残りやすくなります。

よくあるPart7の質問文の先読みに関する悩みが、
「Part7の質問の先読みをしても、文を読んでいる途中で質問の内容を忘れてしまう」
ということです。

人間が何かの情報を頭に入れようとするときは、「その情報を活用する」という事がとても重要です。
質問文の内容を頭に入れたいときは、質問文の内容を活用(=本文のどこに答えの根拠が書いてあるのか予想)をするという事です。

 

その予想があっていたならば、最大効率で問題を解いていくことができるのは当たり前です。

ですがその予想が外れていたとしても、予想をするというプロセスを挟むことで、質問文の内容をしっかりと頭に残すことができます。
したがって、本文の答えの根拠になっている部分を見逃さずに、読んでいくことができます。

 

タイムスケジュールについて説明した時に、Part7では英文を何回も読んでいる時間はなく、一回読んだらその答えの根拠を見逃してはいけないという話をしました。

質問文の先読みをして、さらに予想というプロセスを挟むことは、これを防ぐために必要な事なのです。

 

 

コメント

  1. […] また、パート7の傾向と対策の記事において紹介しましたが、パート7の形式と話の流れは決まったパターンであることが非常に多いです。 […]

  2. […] 傾向と対策 […]

タイトルとURLをコピーしました