Part7を攻略する方法を徹底解説!!

TOEIC Part7の攻略方法を紹介していきます。

Part7は、覚えることが多くて対策が難しいように思われがちですが、実は体系的な攻略方法があります。

攻略のポイントを押さえて正しい対策ができれば、それほど難しいパートではありません。

Part7がどんなパートなのかはある程度知っている前提で話を進めます。

問題を解いたことがない人はTOEICの問題をPart別解説した記事からご覧ください。

 

まずは、Part7を攻略するために大切な、攻略のカギを紹介します。

そのあとに、その攻略のカギを基にした具体的な攻略方法を解説していきます。

 

Part7の攻略のカギ

Part7の攻略のカギは、出題される文書の形式がだいたい決まっている事です。

 

TOEICを何回も受験したことがある方は知っていることかもしれませんが、Part7では、出題される文書の種類はかなり少ないです。

 

どのような文書が出題されるのかというと、

基本的には、Eメール(手紙)チラシ等の広告記事おしらせチャット伝票などの記入フォームの6種類の文書が出題されます。

追記:最近は商品のレビューの文書も少しずつ増えてきているみたいです。
また、記事は新聞形式だけではなく、web形式になっていることもあります。

 

他にも、1・2題ほどイレギュラーな文書はでてくることがありますが、Part7全体の英文23文のうち、ほぼ上の6種類しか出てきません。

 

さらにいうと、この中でもEメールの出題量が圧倒的に多いです。
およそ半分ほどがEメールなんてこともあるくらい、Eメールは非常に多く出題されます。
では、この出題される文書が決まっていることが、なぜ攻略のカギになるのでしょうか?
このPart7の特徴を、どのように生かしていけばいいのでしょうか?
それを次の章から解説していきます。
と、その前にこの章の内容をまとめておきましょう。

Part7の攻略のカギ→出題される文書がだいたい決まっている

出題される文書は基本的には6種類…Eメール(手紙)、チラシ等の広告、記事、おしらせ、チャット、伝票などの記入フォーム(それ以外は1~2文書程度)

・特に多いのはEメールで、およそ半分近くがEメールになることもある。

 

Part7の文書の特徴

では、「出題される文書が決まっている」ことを、どのように生かして攻略していけば良いのかについて解説していきます。

 

先程紹介したTOEICで出題される文書には、ほとんどが形式的な文書であるという特徴があります

一番多く出題されるEメールは最もそれが顕著です。

日本語でもそうですが、ビジネスメールは形式にのっとって、どこに何を書いてあるのかが読み手にわかりやすいように書いてあります。

広告にしても、伝票にしても、おしらせにしても、読み手に伝わりやすいような「テンプレート」が存在していたり、どこに何の情報を書いてあるのかが一目で分かりやすい文構造になっていたりします

 

文書が形式的であることによって、Part7の文書には、以下の2つの特徴があると言えます。

どこに何の情報が書いてあるのかがわかりやすい
定型文などの読まなくてもいい部分が多い

この2つの特徴を利用することで、Part7をとても楽に攻略することができます。
では次に、それぞれの特徴について、詳しく解説をしていきます。

 

ただし、記事とチャットについては、他の形式的な文書とは少し違う部分があるので、あとで別に解説をするとします。

まずは、ただいま紹介した2つの特徴について深堀りしていきましょう。

 

どこに何が書いてあるのかがわかりやすい

一つ目の攻略ポイントは、どこに何が書いてあるのかわかりやすいという特徴です。

 

最もその特徴が顕著なのは、一番多く出題されるEメールです。

日本のビジネスメールでは、挨拶→要件→結びの文という順番で書かれますが、英語のメールも同じような形式になります。

 

このように、どこに何が書いてあるのかわかりやすいということを利用することで、答えの根拠へのアクセスを圧倒的に簡単にすることができます

例えば、Eメールの文書で、「前にどのようなアクティビティを行ったか?」という質問があったとするならば、答えはEメールの最初に書かれているでしょう。

メールでは最初に挨拶文として、前に行ったことのお礼を書くことが多いからです。

 

その他にも、広告ならば文書の最後や端に連絡先があることが多いなど、どこに何が書いてあるのかというのが理解しやすくなっています。

 

定型文などの読まなくていい部分が多い

もう一つのパート7の攻略ポイントは、読まなくて良い部分が多いという事です。

 

例を挙げます。

I hope you don’t mind me asking…
これは、なにかを質問する時につかう定型的な表現で、日本語で言うような「恐れ入りますが」や「失礼ですが」のような意味です。
いわゆる「クッション言葉」と呼ばれるものです。
直訳すると「私は貴方が気にしないことを望みます、私が頼むことをね…」となります。
意味わからなくはないですが、ちょっと読み取るのが大変です。
この定型表現を知らないと、上記の難解な読み取りをする必要が出てしまうのです。
ですが、この表現を知っている人は、この文をわざわざ読みとることはありません。
そしてこの文を見た瞬間、「次に頼み事が来るんだろうな」とすぐにわかるので、次の質問から読み始めることができます。
定型的な文を読むのと読み飛ばせるのとでは、時間のロスと負担が大幅に変わるのです。
そして、定型的な文というのは、次に何を書かかれているのかを紹介してくれます。
上の例だと、次には頼み事がくる目印にすることができるのです。
ですから、頻出の定型的な文を知っていると、どこになにが書いてあるのかを理解するのに役立ち、正答の根拠を探しやすくしてくれるという効果があるのです。

TOEICの文書は形式的なので、このような読解の役に立つ定型文がたくさん出てきます

日本語のビジネスメールをイメージしてください。あいさつ文や結びの文など、定型的な表現がかなり多いですよね?英語でも同じです。

このことが、Part7を効率よく攻略するために非常に役に立ちます。

よく出題される定型文を知ることで、その部分を読み飛ばすことができ、次にどのようなことが書いてあるのかを知ることができるので、効率と内容理解を同時に深めることができるようになります。

いったんここまでをまとめてみましょう。

 

【ここまでのまとめ】
TOEICPart7に出題される文書形式は限定的
で、
そのどれもが「形式的な文書」なので…

どこに何が書いてるのかがわかりやすい
定型文などの読まなくていい部分が多い

 

さて、先程チャットと記事については少し事情が違うという事を話しましたので、そのことについてお話しておこうと思います。

 

じゃあその定型文ってどうやって身に着けていけばいいの?ってことは、この記事の最後に紹介します。

チャット問題

Part7には、チャットの文書が出題されることがあります。

チャットとは、LINEみたいなやり取りの文書ですね

数人のチャットでのやり取りが出題されますが、チャットはここまで紹介したPart7の文書の「形式的である」という特徴には当てはまりません

 

当然、チャットは形式的な文書ではないので、文書形式からどこに何が書いてあるのかがわかったり特に定型的な表現があったりするわけではありません

 

その代わりというわけではありませんが、チャットにはチャットの攻略方法があります。

それは、チャットの話の展開が同じという特徴を利用する攻略方法です。

なぜかはわかりませんが、TOEICで出題されるチャットでは、話の展開が同じものばかりになります。

具体的には、

テーマの提示→追加情報→次の予定

という流れで話が進んでいきます。

 

この特徴を生かせば、どこに何が書いてあるのかがすぐにわかります。

何について話しているのかという質問があれば、最初の方に、
次の行動や予定に関する質問があれば、最後の方に答えの根拠を見つけることができます。

記事問題

Part7で出題される記事に関しては、残念ながら特にこれといった法則性はありません。

法則性というわけではありませんが、はっきりとした傾向であれば存在します。

それは記事の内容が、主に2つの種類であることが多いという特徴です。
店や人の紹介
公的な機関の決定(議会など)

あくまでも傾向なので、他の記事の内容も出題される可能性はおおいにあります。

ですが、新しくオープン・移転した店の紹介、偉業をなした人の紹介、議会で可決された新しい法律についての記事などが、大量に出題されています。

 

ここまで、Part7で出題される文書に焦点を当てて、Part7を攻略していくために重要な問題の特徴を紹介してきました。

次の章からは、その特徴を生かして、実際にどのように問題を解いていけば良いのかを解説していくこととします。

 

TOEICPart7に出題されるのは「形式的な文書」なので…

どこに何が書いてるのかがわかりやすい
定型文などの読まなくていい部分が多い

という特徴がある。

ただし、文書のうち「チャット」と「記事」はその特徴にはあてはまらない。
なので以下の特徴を利用する。

チャット話の展開:テーマの提示→追加情報→次の予定
記事話の内容:店や人の紹介/公的な機関の決定(議会)

 

Part7では質問の先読みが必須

ここまで、Part7を攻略するために必要な問題の特徴を見てきました。
それをもとに、実戦的な解き方としてまずは「質問の先読み」について解説していきます。

質問の先読みとは、文書を読む前に質問を先に読むというTOEICのテクニックです。

この質問の先読みは、効率よくテストを解くために必須です。

 

先ほど紹介した「art7で出題される文書の特徴」を利用して質問の先読みをすると、非常に効率よく問題を解いていくことができます。

まずは、なぜ質問の先読みが必須であるのかをしってもらうために、Part7のタイムスケジュールについて解説していきます。

先読みの詳しいやりかたから知りたい人は下にスクロールして「Part7の先読みの方法」という章から読んでいってください。

 

タイムスケジュール

Part7はタイムマネジメントが重要であることは、一度受験をしたことがある人ならばわかっていることだと思います。

 

Part5,Part6を順調に解けたとしても、Part7に割くことができる時間は55分間しかありません

Part7は全部で54問ありますから、英文をよみながら1問1分で解き進めていかなくてはいけないのです。

そんなタイトなタイムスケジュールで進むPart7では、質問に答えるために、何度も英文を読むような時間はありません。

一度読んだ英文をもういっかい読みなおす時間はないです。
解答の根拠となる部分が読まれたならばその場で回答していかなければ、絶対に時間が足りなくなってしまいます。

 

そのために、質問の先読みが必須なのです。

質問の先読みして、何が問われるのかをあらかじめ知ってから英文を読んでいき、解答の根拠となる部分を見逃さないように読んでいかなくてはいけないのです。

 

では具体的な先読みの方法について説明していきます。

先読みの方法

ではPart7の先読みの方法について解説していきます。

質問文を先読みすると言っても、ただ先に質問を読めばいいというわけではありません。
質問文を先読みするための準備として、先に確認するべき点が2つあります。

それが文書形式タイトルです。

なぜ先に「文書形式」と「タイトル」を確認するかというと、どの質問の答えの根拠がどこに書いてあるのかを先に予想するために必要だからです。

その2つを確認した後に質問文を先読みしていきます。

先読みをするときには、その質問の答えの根拠になっている部分が、本文のどこに書いてあるのかを確認しながら解いていきます。

 

Part7では、形式的な文書が多いため、どこに何が書いてあるのかがわかりやすいという特徴があることはすでに紹介しました。

その文書の形式とタイトルを先に確認することで、文書でどこにどんなことがかかれているかの予想を先に立てることができます

 

質問文の先読みをした時に、「この質問文の答えの根拠はどこにあるんだろう?」という予想を、先に確認した「文書形式」と「タイトル」を基に立てていきます。

そうすると、本文中の質問文の答えの根拠を非常に見つけやすくなります

 

さらに、たとえその予想が外れていたとしても、予想をするというプロセスを挟むことによって、その質問が頭に残りやすくなります。

よくあるPart7の質問文の先読みに関する悩みが、
「Part7の質問の先読みをしても、文を読んでいる途中で質問の内容を忘れてしまう」
ということです。

人間が何かの情報を頭に入れようとするときは、「その情報を活用する」という事がとても重要です。
質問文の内容を頭に入れたいときは、質問文の内容を活用(=本文のどこに答えの根拠が書いてあるのか予想)をするという事です。

 

その予想があっていたならば、最大効率で問題を解いていくことができるのは当たり前です。

ですがその予想が外れていたとしても、予想をするというプロセスを挟むことで、質問文の内容をしっかりと頭に残すことができます
したがって、本文の答えの根拠になっている部分を見逃さずに、読んでいくことができます。

 

タイムスケジュールについて説明した時に、Part7では英文を何回も読んでいる時間はなく、一回読んだらその答えの根拠を見逃してはいけないという話をしました。

質問文の先読みをして、さらに予想というプロセスを挟むことは、これを防ぐために必要な事なのです。

 

【ここまでのまとめ】
・TOEICPart7は時間がないので、1回読んだ解答の根拠になる部分を見逃してはいけない
  →から質問の先読みが必須質問の先読みをする前に「文書形式」と「文書のタイトル」を確認しておく。・質問の先読みする際には、どこに解答の根拠があるのかを予想しながら行う・予想を立てながら先読みをすることで、質問文の内容を頭に残すことができる

Part7の解き進め方

これまで紹介してきた、Part7の特徴や先読みの方法をふまえて、具体的な解き進め方についてまとめていきます。
5つのステップに分けて解説していきます。
ステップ1:文書の種類とタイトルを確認

文書の種類とタイトルを確認して、どのような文書か、どこに何が書いてあるのかを予想します。
ここでの文書の予想は、次の「質問の先読み」に生きてきます。

 

ステップ2;質問の先読みをする

先ほど紹介した方法で、質問の先読みをしていきます。

そして、先程の文書の予想を基に、質問の回答の根拠がどこに書いてありそうか検討をつけます
この予想は間違っていても構いません。

予想をするというプロセスを挟むことで、質問を頭の中に残すという効果があります。
ステップ3:本文を読んでいく

すべての文を精読する必要はありません。

どの質問の根拠にもなりそうにない部分、定型文などは積極的に読み飛ばしていきます。
その代わり、質問の根拠になりそうな部分は注意深く読みます。

メリハリをつけて本文を読んでいくことが大切です。

 

ステップ4:質問に答える

質問に解答できそうだと思ったらその場で本文を離れ、質問を解答していきます
基本的には消去法で問題を解いていくのが効率が良いでしょう。

まだ読み足りないと思ったら、もう少し読み進めてから再度回答しても問題ありません。

ほとんどの質問の順番は本文の答えの根拠の順番通りになっています。
なので時間に余裕があるならば、質問に答え終わった時点で、
「次の質問はなんだったかな?」と確認してもいいでしょう。

 

ステップ5:質問数×1分の時間を超えたら、勘でマークをして次の英文に移る。

Part7は全54問で、かけられる時間はPart5・6を順調に解けた前提で55分しかありません。

ですので、1問1分ペースを超えそうならば、その問題はあきらめて勘でマークします

ただし、選択肢を軽く読んで、パっと見で「これは正解にならなさそうだな」というものだけ省いてからマークするようにしましょう。

 

 

ここまで、Part7の攻略の方法を紹介してきました。

ここで紹介した攻略方法ができるようになると、簡単に8割以上の正答率を出すことができるようになります

ですがそのためには、どのような定型文が出てくるのか、文書ごとにどのような特徴があるのか、を身に着けなくはいけません

 

それらを身に着けるには問題演習が必須です。

最後に、問題演習の方法と、どの問題集を使うべきなのかについて紹介します。

 

問題演習

Part7の問題演習をする際に絶対に必要なことは、
時間を測って解くこと
復習をメインに行う事

この2つです。

 

Part7では時間が非常にシビアであることは説明しました。

いくら時間をかけて解けたとしても、TOEICの制限時間以内に収めることができなければ全く意味がありません。

なので、問題演習の段階から時間を測って解き、どのくらいのペースで解いていかなくてはいけないのかという感覚を掴んでおくことが必須です。

 

また、TOEICの問題演習では、復習がとても大切です。

特に、問題を解いた後に日本語訳の文をしっかり読むことが大切です。

その理由は2つです。
文書ごとの特徴をつかむため
日本語訳の文と英文を読み比べて、どこが読めてどこが読めなかったのかを確認するため

「Part7の文書は形式的なのでどこに何が書いてあるのかが分かりやすい文章だ!」
という事をはじめに解説しましたが、
それを理解して身に着けるためには、日本語訳を読むのが一番手っ取り早い方法です。
日本語訳を読んで、文書の形式ごとに、どこに何がかかれるのかを確認する。これを繰り返すことが大切です。

また、読めなかった単語や表現を克服するために、日本語訳をみて、読めなかった部分はどこなのかをはっきりさせることも大切です。

 

【Part7の問題演習】
・時間を計って解く
  →Part7は非常に時間がタイト。1問1分ペースを身に着ける
・復習をメインにする
  →日本語訳をしっかり読む
    ・文書形式ごとの特徴を抑えるため
    ・読めない部分の克服のため

 

読めない部分をどのように克服していけばいいのかについてや、もっと詳しいPart7の勉強方法を知りたい方は、Part7の勉強方法を解説した記事を見てください。

最後に、どの様な教材で問題演習をしていけばいいのかについて解説していきます。

 

教材を選ぶポイント

Part7の教材を選ぶポイントは3つです。

【教材を選ぶポイント】
「解き方」の解説が充実している
重要表現や定型文の解説がある。
・日本語訳がついている

 

ポイントの1つ目は、解き方の解説が充実しているということです。
「本文にこう書いてあるから解答は(A)です」というシンプルな解説の教材は避けた方がいいです。

そうではなく、「解き方」に焦点をあてて、本文の読解方法や、選択肢のしぼる方法など、解答に至るまでのプロセスをちゃんと解説してくれる教材を選びましょう。

 

ポイントの2つ目は重要表現や定型文の解説があることです。

TOEICにはお決まりの重要表現がたくさんあります。
よく出る定型文を知ることで、読解の助けになることはすでに説明しました。
TOEICをよく研究していて、それらをしっかり解説してくれている教材を選ぶことも大切です。

また、ポイントの3つ目「日本語訳がついているかどうか」という事も意外と落とし穴です。
ほとんどの教材には日本語訳がついているのですが、一部ついていない教材もあるので要確認です。

 

おススメの教材

これらの条件を満たしたおすすめの教材は、スタディサプリ・公式問題集・究極のゼミです。

 

スタディサプリは、スマホやタブレットなどで使う月額制のサービスです。
非常にリーズナブルで、詳しい解説付きのテストを20回分解くことができます。

TOEICの著書を何冊も出版している有名講師の講義動画も見ることができるので、かなりおすすめです。

興味のある人は、スタディサプリがすごい。でも使い方注意!という記事を見てみてください。
スタディサプリのレビューや詳しい使い方を解説しています。

 

公式問題集は本番に最も近いテストという点で優れています。
解説もそこそこ充実していますが、テクニック的な解き方の解説がないことが難点です。

TOEIC L&R 公式問題集 5
5

 

Part7の解き方を体系的に身に着けたいならば、究極のゼミがおすすめです。
質問の種類に焦点をあてて、解き方を詳しく解説してくれます。

TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part7
4

 

今回は、Part7の解説をしました。
このサイトではほかにも様々なTOEIC攻略記事を紹介してますので、よかったら他の記事も見てみてください。トップページ・記事一覧へ

 

 

最新情報をチェックしよう!