TOEICパート5の勉強法!確実にスコアアップする方法

TOEICパート5の勉強法とは?

TOEICパート5ってどうやって勉強していったらいいの?

正しい問題の解き方と、問題ごとの解く手順を身に着けるのが、パート5でスコアアップにつながる勉強だよ。

この記事では、パート5の対策として、問題を解くための手順や、タイムマネジメント、問題の分類方法を解説します。

パート5で時間が足りなくなってしまう人・余計な時間がかかって他のパートに負担がかかってしまう人は、パート5のタイムマネジメントがしっかりできていない可能性が高いです。

正しくタイムマネジメントするには、問題の解き方と手順を理解する必要があります。

そして、正しい問題の解き方と手順を身に着けることで、時間短縮だけではなくスコアアップにもつながります

この記事でわかること:パート5の勉強法
こんな人におすすめ:パート5をどう勉強したらいいのかわからない人最短で攻略したい人

 

パート5の出題内訳を確認

まずは、パート5の出題内訳を確認しておきましょう。

※この章の内容は、パート5の分析の記事で詳しく述べています。その抜粋です。

パート5の出題内訳は以下の通りです。

語彙問題・・・・・・・・・44%
品詞問題・・・・・・・・・30%
接続詞問題・前置詞問題・・15%
文法問題(中学レベル)・・10%
その他・・・・・・・・・・1%

パート5で圧倒的に出題されるのは語彙問題なんだ。

文法が問われる問題は少ないんだね。

これは、TOEICの公式問題集(模試)の直近6回分全180問を分析した結果です。

本番のテストでも、ほとんど同じ傾向になることが予想されます。

語彙問題、品詞問題、接続詞・前置詞問題を攻略できれば、およそ9割の問題を解けることになります。

残りの一割は中学校レベルの英文法が問われる程度なので、あまり本腰を入れて対策する必要はないでしょう。

ですから、語彙問題、品詞問題、接続詞・前置詞問題を攻略するために、必要な勉強は何かということを考えていく必要があります。

それぞれの問題の解き方

品詞問題には品詞問題の解き方、語彙問題には語彙問題の解き方があります。

問題の種類ごとに、正解に至るまでに必要な知識は別々です。

ですから、品詞問題の解き方、語彙問題の解き方、接続詞・前置詞問題の解き方をそれぞれ勉強する必要があります。

また、実際に解くときも選択肢から問題のタイプを見極めて、問題のタイプごとに解く手順を変えるという事が最も効率の良い解き方ですので、問題のタイプごとに、どの様に解いていけばいいのかを知っておく必要があります。

詳しくはパート5の解き方を解説した記事をご覧ください。

これは○○問題だからこう解いていけばいいなっていう、正答までの道筋を確認しながら解くんだ

だから、問題の種類ごとの解き方を、それぞれ身に着けるんだね

ですから、様々なタイプの問題がバラバラにちりばめられている問題集ではなく、

問題の種類ごとに章立てがされていて、それぞれのタイプの問題の解き方が理解できる教材

がパート5の勉強では有効です。

勉強法・おすすめ教材の解説をする前に、それぞれの問題をどう解いていったらいいのかってことをかるく説明しておきます。

ある程度知っている人は読み飛ばして次章から読み進めてください。

問題の種類ごとの解き方を紹介

品詞問題

この問題では、文の意味は理解しなくてもOK

大事なのは空欄の場所、そして前後にある単語です。

  • 冠詞(a/the)がきたら、後ろには名詞が来る。(※形容詞+名詞という形で、名詞の節になっている場合はある)
  • 助動詞のあとは、動詞の原型がくる
  • 文が完全に終わった後に、付け足しのような形で最後に空欄があるならば副詞

などなど、それぞれの品詞は、使われるときにはルールに則っています

そのルールを身に着けて、解けるようになろうっていうのが、品詞問題の勉強法です。

品詞問題は、品詞のルールを覚えて身に着けるってことね!

語彙問題

語彙問題は品詞問題とは違って文の意味を理解しなくては解くことができません

なので、まずは文の意味を理解できる力が必要です。

文の意味を理解するために必要なものって何だろう?

人によって違うけど、基本的に一番大切なのは語彙力だよ。

文を理解する時に必要な力は、語彙力です。

選択肢を選ぶのに必要な力も、語彙力です。

TOEICの頻出単語や表現を覚えていって語彙力をのばす、それが語彙問題の勉強法です。

TOEICの英単語を覚える時におすすめの方法を、TOEIC単語を暗記する方法!という記事で紹介していますので見てみてください。

文法は理解してなくてもいいの?

基本レベルの文法があれば十分だよ。複雑な英文法はいらない。

複雑な英文を読めるようにする必要はありません。

それをするのは、900点以上を狙う猛者たちだけです。

基本レベルとは、中学基本レベルの英文法という事です。

それで十分対応できます。

接続詞・前置詞問題

接続詞・前置詞問題で必要な知識は、接続詞の種類・前置詞の使い方・文を理解するための語彙力です。

  • TOEICで出題される接続詞とその意味を知っているかどうか。
  • 前置詞の使い方を知っているかどうか。

が問われます。

そして、解くためには前後の文脈から判断しなくてはいけないことがあるので、文を理解するための語彙力も必要です。

接続詞や前置詞の用法をたくさん覚えなきゃいけないの・・・?

そんなことはないよ。実際に出題される表現はそこまで多くないんだ。

この問題を対策するためには、TOEIC頻出の接続詞や前置詞表現のリストがあって、それの問題演習ができる教材がおすすめです。

パート5勉強法!この教材を使おう

全体的な対策:究極のゼミ

パート5の対策で、おすすめの教材は、

TOEICL&Rテスト 究極のゼミ Part5&6です。

問題の種類ごとに対策と問題が用意されており、的確で分かりやすい解説が多く収録されています。

問題の種類ごとの対策が、しっかり理解できるように工夫されていて、私がTOEICのパート5の対策として見た参考書の中では一番良いものだと思いました。

問題の種類ごとに解けるような練習が必要、なんだもんね。

欠点は、ボリュームがあることです

全部の問題をしっかりやり切ろうとしてしまうとすごく時間がかかるので、苦手な問題のタイプに絞って部分的に取り組んだり、難しい問題を後回したりと、工夫しましょう。

全部をやる必要はありません。

「究極の」と書いてありますが、難しいわけではありません。

解説や説明が講義形式、対話形式の文で進んでいくのでとても読みやすく、頭に残りやすい良書だと思いました。

(たしか、Kindle版はかなり安かった気がします・・・)

 結構分厚い本だね・・・

全部をやり切るのはちょっと辛いから、取捨選択しながらでいいよ

 品詞問題に特化:スタディサプリ

参考書ではないですが、品詞問題の理解に関しては、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの、パーフェクト講義内にある品詞の講義と練習問題がおすすめです。

大学受験界で有名な関氏の品詞の講義を受けることができます。非常にわかりやすい説明で、品詞の理解をするのには、この教材がナンバー1です。

大学受験界ではかなり有名な先生だね

CMでみたことあるかも?

しかし、品詞以外の講義内容には欠点があります

パート5には純粋に文法が問われる問題はあまり出題されないのにも関わらず、品詞問題以外の講義が文法解説の講義になっています。(※接続詞前置詞の講義はあり。)

品詞の講義がとってもわかりやすい分、そこは個人的に非常に残念です。

ですが、品詞問題に欠点がある人には非常におススメで、練習問題を含めても1時間程度で終わりますから、とりあえず登録して受講してみるといいと思います。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験! こちらから登録できます。

月額料金がかかりますが、7日間はお試し期間で無料になり、その期間中に退会すれば料金はかかりません。

あとちょっと登録が面倒くさいのが難点です。

文法も一通り押さえたい人なら、全部やってもいいとは思うけど・・・

効率を考えるとちょっと…てことか。

でも、品詞の講義は本当におススメ!

語彙対策:金のフレーズ

語彙に関しては、当ブログで何度も取り上げていますが、TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズがおすすめです。

パート5・6対策においても「金のフレーズ」は有効です。語彙問題でよく選択肢に出てくる単語がピンポイントで掲載されています。

またこの単語帳を紹介するのか。そんなにいい単語帳なの?

あ、ここ金のフレーズでやったところだ!」ってテスト中に何回も思うくらいにはね。

 あくまで最後の仕上げ:問題演習は公式で

これらの教材でパート5の対策を済ませたら、公式問題集でを含めた問題演習をしてゆくとよいでしょう。

あくまで勉強すべきなのは問題の種類ごとの解き方だよ。公式問題集を使うのは、最後の確認テストや仕上げ、最初の実力試しってくらいかな

公式問題集を中心に練習するのはあまりよくないんだね

おわりに

今回はパート5の勉強法と教材について解説しました。

いかがだったでしょうか?

パート5はリーディングの中では、一番時間をかけないパートです。およそ10分ほどしかパート5に割く時間はありません。→リーディングの時間配分について

ですが、その割には30問と問題数は多く、パート5を時間をかけずにいかに正答率を上げるかという事は、リーディング全体の出来を大きく左右することになります。

しっかり対策しておきましょう!

他のパートの攻略記事は→トップページ・記事一覧へ

管理人
管理人

このブログではTOEICの攻略情報を紹介しています。ご質問・ご意見はコメント欄にどうぞー

読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. […] 前置詞と接続詞を見極められるようになるために必要な勉強法とおすすめの教材は、パート5の勉強法とおすすめ教材の記事で紹介します。 […]

  2. […] パート5でしっかり問題を解けるようになるためにどうしたらいいかは、パート5の勉強法の記事で解説しているので、パート6の時制の問題と、文にまたがって解答の根拠を探す問題のおすすめ参考書を紹介します。 […]

  3. […] パート5で必要な勉強法とは […]

  4. […] おすすめ教材・勉強法→パート1、パート2、パート3・4、パート5・6、パート7 […]

  5. […] その知識の身に着け方はパート5の勉強法の記事で紹介しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました