【TOEIC part3&4】勉強法をどこよりも詳しく解説する。

パート3&4攻略

TOEIC Part3&4の勉強法をどこよりも詳しく解説

Prart3&4の勉強って何から手を付ければいいの?

基本的には問題演習から入るのがおすすめ!問題演習で自分に足りない部分を自覚してから、その弱点を埋めていくのが無駄のない勉強法だよ!

この記事では、TOEICPart3&Part4の勉強法を詳しく解説していきます。

Part3&4の基本的な問題形式は知っている前提で話を進めます。
どのような問題なのかよくわからない方は、Part3&4ってどんな問題?詳しく解説!という記事から見ていってください。

 

まずは、勉強法の方針を示します。
次に、問題演習の方法と見つかった弱点ごとの勉強法を具体的に解説していきます。

TOEIC Part3&4の勉強法の方針

Part3&4の勉強法について方針について説明していきます。

Part3&4の勉強法で最も大切な点は、問題演習から入るという事です。

 

問題演習をすることで、自分に何が足りないのかを自覚することができます。
自分の足りない部分をまずは自覚し、それを克服していくという勉強法が、Part3&4を最も手っ取り早く攻略できる方法です。

全く聞き取れなくても構いません。単語がわからなくても構いません。

まずは解いてみて、目標と自分の間にどのくらいの距離があって、その距離を埋めるためには何をしたらよいのかをはっきりさせる事。

これが一番大切です。

 

問題演習のやり方と、問題演習をするためにおすすめの教材は後々紹介します。

【Part3&4の勉強法の指針】
まずは問題演習から入り、自分に何が足りないのかを自覚して、それを克服していく

 

なぜPart3&4では問題演習から入る必要があるのか

なぜPart3&4では問題演習から入る必要があるのか、理由は2つあります。

 

ひとつめの理由は、Part3&4は、リスニング力・語彙力・TOEIC力、この3つの内、どれか一つでもかけてしまうと、高得点を取るのが難しいからです。

・知っている単語を聞き取る力であるリスニング力
・単語や表現を知っているかどうかの語彙力
・TOEICの問題形式や解き方を知っているかどうかのTOEIC力

このうち、どれか一つでも欠けてしまうと、なかなか良い点数を取ることができません。

なので、自分に何が足りていて何が足りていないかを自覚せずに、闇雲に勉強を進めてしまうと、「勉強したのに点数が全く上がらない…」なんてことになりかねないからです。

 

もうひとつの理由は、Part3&4には決まった話の展開と質問のパターンがあるからです。
パート3&4の攻略方法を紹介した記事で詳しく説明しているのですが、パート3&4はそのほとんどが決まった話の展開と質問のパターンになっていて、そのパターンに当てはまることで、非常に楽に解けるようになります。

そのきまった話の展開とパターンに慣れていくためにも、最初から問題演習を中心にして取り組むのが有効です。

 

では、問題演習をどのように進めていけばいいのかについて解説していきます。

TOEICPart3&4の問題演習の進め方

ではTOEICPart3&4の問題演習の進め方をくわしく解説していきます。

 

1、最初の1英文の質問文(3問)を30秒で読む(質問文の先読み)
2、1英文(3問)ずつ解き、解くごとに答え合わせをする。

3、答え合わせをしたら、3つのポイントをチェックする

 (a)知っている単語は聞き取れたか
(リスニング力)
 (b)文字で英文を読んで理解できるか
(単語力)
 (c)解けた問題はなぜ解けたのか、解けなかった問題はなぜ解けなかったのか
(TOEIC力)

4、それぞれを克服していく

それぞれの手順について、もう少し詳しく解説していきます。

 

1、質問文の先読み

Part3&4では、質問文の先読みが必須です。
ですので、まずは質問文を制限時間30秒で3つ読みます。

読むのは質問文だけで大丈夫です。
選択肢まで読む必要はありません。

 

2、問題を解いていく

読み終わったら、問題文を再生して、問題を解いていきます。
制限時間は、3つ目の質問文が放送されるまでです。
(通常では3つ目の質問文が放送されるときには先読みを始めなくてはいけないため。)

1英文の3問を解き終わったら、次の問題に進む前に答え合わせをします。
まとめて解いてまとめて答え合わせをすると、復習がしにくいからです。

 

答え合わせをするときは、3つのポイントをチェックします。

(a)知っている単語は聞き取れたか(リスニング力)
(b)文字で英文を読んで理解できるか(語彙力)
(c)解けた問題はなぜ解けたのか、解けなかった問題はなぜ解けなかったのか(TOEIC力)

 

TOEICの問題集には、スクリプトがついています。
スクリプトとは、放送された英文の台本です。

そのスクリプトをみて、知っていたのに聞き取れない単語はどのくらいあったのかをチェックして、自分のリスニング力を測ります。

次にそのスクリプトをそのまま読んでみて、どのくらいわからない表現や単語があるかをチェックします。これで語彙力がどのくらいあるかがわかります。

この2つを比べて、自分にはリスニング力が足りないのか、語彙力が足りないのかがわかります。
両方足りているかもしれないですし、両方足りているかもしれません。

 

次に、解けた問題はなぜ解けたのか、解けなかった問題はなぜ解けなかったのかを考えていきます。

「この問題を解くことができたのはこの表現を読み取れたからだ。」
とか
「この問題が解けなかったのは、ここを聞き取れなかったからだ」
という事を確認していきます。

TOEICのPart3&4では、話の展開と質問のパターンが固定化されているという特徴があるので、この作業をしていくと、どこに解答の根拠があって、何がわかっていれば解けるのかが理解できるようになります

 

そのための作業です。
TOEIC力とはTOEIC特有の問題の癖や特徴を知り、それを実践で生かせるようになる力です。
あいまいなもののように聞こえるかもしれませんが、そんなに難しく考えなくて良いです。
あとで解説します。

 

TOEICPart3&4の弱点を克服していく

この作業を、Part3と4の各5英文ずつ行えば、だいたいの自分の弱点が見えてくると思います。

TOEIC力の有無は、語彙力とリスニング力がついてこないと、なんとも判定しがたいので置いておくとして、
基本的には、語彙力かリスニング力、もしくは両方を克服していくことになります。
(語彙力・リスニング力はあるのに解けない人はTOEIC力に問題あり。)

 

では、語彙力を克服する方法、リスニング力を克服する方法、TOEIC力をつける方法をこれから解説していきます。

Part3&4を実戦と同じ形式で通しで解く練習は、弱点を克服した後にやれば十分です。

Part3&4の語彙力を克服する方法

TOEICのリスニングにおける「語彙力」とはなにか、整理しておきます。

 

TOEICのリスニングにおける「語彙力」とは、
単語や表現を聞いて意味がすぐに分かる力です。

 

ここでいう「意味」とは「日本語訳」とは違います。

例えば、”apple”という単語を聞いて、「赤くて丸い果物のリンゴ」を想像する、
これが単語の「意味」を理解することです。

“apple”という単語を聞いて、「リンゴ」という日本語訳を思い出してから、「赤くて丸い果物のリンゴ」を想像する、
これが「日本語訳」を覚えるという事です。

 

TOEICでは「日本語訳」を覚えるのではなく、単語や表現の「音や字面」と「意味」を結び付けていく必要があります。
なぜ日本語訳ではいけないのかについては、あとで説明するとして、いったんおいておきましょう。

まずは「音や字面」と「意味」をどのように結び付けていけば良いのかを解説します。

 

Part3&4の語彙力を身に着ける方法

では、part3&4の語彙力をどのように身に着けていけばいいのかについて解説していきます。

 

以下は他のパートの勉強法の記事に書いていることの引用ですが、役立つので掲載します。

 細かいスペルや細かい訳を暗記する必要はありません

単語の音を聞いて、その単語が持つ意味を想像できれば、十分問題を解くことはできるので、細かい日本語訳を覚える必要はないのです。

ですから、勉強方法としては、単語の音と意味を結びつけるために、
単語を発音しながらその単語の持つ意味を想像する・体を動かすのがおすすめです。
(声を出せない状況の時は、口を動かすだけ・頭の中で発音でも大丈夫です!)

例えば、”make”という単語なら、発音しながら、実際に何かを作っていることを想像したり、何か作っている動作を実際にやってみたりします。
それを繰り返すことで、単語の音と意味が結びつくようになっていきます。

リスニングで通用する語彙力を増やすには、上のように単語を練習していくとよいです。
単語の音を聞いたときに、「日本語訳」を思い出そうとするのではなく、
動詞だったら、実際にその動作をしたり、想像したりする。
名詞や形容詞ならば、その物や状況を想像してみる。
このような練習を繰り返すことで、音と意味を直接結び付ける単語をひたすら増やしていきます。
ちょっとわかりにくいかもしれないので、もう少し具体的な実践例を紹介しておきます。

【実践例】

”complimentary”という単語を見た時に、「無料の」という日本語訳を思い出そうとするのではなく、何かが無料になっている状況をイメージする。
“prepare”という単語を見た時に、何かの準備をする自分をイメージしたり、何らかの準備をする動きをしながら、prepareと発音してみたりする。

その際には、短いフレーズで練習するとなお具体的な想像をしやすい。
“complimentary drink”「無料のドリンク」
”prepare for winter”「冬の準備をする」
このように、フレーズ練習することでその状況をより具体的にイメージすることができ、「単語」と「意味」の結び付けがしやすくなる。

学校教育ではあまり教わらない方法なので、最初はなかなか慣れないかもしれませんが、慣れれば日本語訳を覚えるよりも、ずった楽に単語を覚えることができるようになります。
その際に使うべき教材は「金のフレーズ」や「銀のフレーズ」です。
めちゃめちゃいい単語帳で、TOEICで点数を一気に伸ばす人はだいたい使ってます。
短いフレーズの中で単語を覚えていける点と、TOEICに必要な単語が過不足なく掲載されている点がとても良い単語帳です。
無駄な日本語訳が掲載されていないので、単語の「意味」を覚えるのに役に立ちます。
本気でTOEICの語彙力を伸ばしたいならば必携です。
銀のフレーズは初心者向け、金のフレーズは中級者以上向けです。
このどちらかの単語帳をしっかりやりこめば、TOEICPart3&4で必要な語彙力は確実に身に付きます。

補足 日本語訳を覚えることの弊害

補足として、日本語訳を覚えることの弊害について解説しておきます。

 

日本語訳を必死に覚えると、英語を見たり聞いたりしたときに、最初に思い浮かべてしまうのは、日本語訳になってしまうからです。

その状態で、文全体の意味を理解しようとすると、それぞれの単語を日本語訳した文章を解釈しなおさなくてはいけなくなってしまいます

例えば、

“Please approve that application.”「その申請を承認してください」
という英文があった時に、それぞれの日本語訳を暗記していると、

“please”「~してください」
“approve”「承認する」
“that”「あの、その」
“application”「申し込み」

とそれぞれの英単語を日本語訳に直してから、それを組み替えて、
「その申請を承認してください」と読み取らなくてはいけなくなります。

 

それだと、時間がシビアで英文量が多いTOEICでは通用しないのです。

そうではなく、最初に覚える時から、意味をダイレクトに思い浮かべられるようにしよう、という事です。

でも、意味をダイレクトに思い浮かべるのって難しそうじゃない?

確かに簡単ではないね。でも慣れてくれば、細かい日本語訳やスペルを覚えるよりは楽になってくるよ。

そういえば学校では、書き取りのためのスペルや日本語訳を覚えさせられたなあ。

その単語練習は、TOEICにとっては適していないね。
日本語訳は、あくまでも意味を覚えるための補助だよ。

 

Part3&4で必要なリスニング力を伸ばす

リスニングの速さについていけなくて読めないよ~

そんな人には、1.2倍速リスニングだ!

 

リスニング力が足りない人のほとんどの原因は、速さについていけないことです。

じつは、リスニングの速さについていけない事は、比較的楽に克服することができます

その方法が「1.2倍速リスニング」です。

その名の通り、英文を1.2倍速で再生して聴く勉強法です。
速さについていけないのに1.2倍速でリスニングをするとなると、一見無理のあるように見えますが、非常に効果のある勉強法です。

しかし、速さについていけない人が、「知らない文章」を1.2倍速で聞いても、何も聞き取ることができないでしょう。

なので、知っている文章やすでに復習済みの文章を1.2倍速で聞き続けます。

このサイトに沿って問題演習をしている場合だと、弱点を探すためにあらかじめ解いた英文があるはずです。
それをひたすら1.2倍速で何回も聞きます。何回もです。
通勤・通学や家事の合間でも構いませんから、同じ英文を何度も何度も再生します。

すると、不思議なことに段々と速さに慣れて聞き取れるようになってきます。

速さに慣れたなと思ったら、今度は等倍に戻して聞いてみましょう。

すると、速さに慣れなくて聞き取れなかったはずの英文が、まるでスローかのようにに聞こえてきます。

球技系のスポーツや普段車を運転する人には経験があるかもしれませんが、
人間は「速さ」に慣れることができる動物です。

なのでリスニングにおける「速さ」はより速いスピードに「慣れる」ことで比較的簡単に克服することができます。

 

スマートフォンのアプリなどで、音楽を1.2倍速にできるものはたくさんあるので、好きなものをインストールして、ひたすら再生しましょう。

 

私はハヤえもんというアプリを使っていました。(iOSです。Androidにあるかはわかりません。)

個人差はあるだろうけど、1.2倍速リスニングは本当に効果があるよ。「速さ」は「慣れ」である程度克服ができるんだ。

 

※速さ以外の原因でリスニングが聞き取れなくて困っている方には、リスニングが聞き取れないときの対処法の記事を見ていただけると、助けになれるかもしれません。

 

TOEIC力を身に着ける方法

TOEIC力を身に着ける方法を紹介する前に、TOEIC力ってなんやねんっていう話をします。

 

【TOEIC力とは】
TOEIC特有の問題の傾向や特徴を把握して、点数につなげる力

難しく考える必要は全くありません。

当サイトではTOEICのパート毎に、問題の傾向や特徴、それを生かしてどのように問題を解いていくのかをちゃんと解説しています。
だから安心してください。

ただ、ここで解説してしまうと長くなってしまうので、別の記事で紹介しています。

Part3&4の問題の解き方を解説する

 

どんな特徴と傾向があって、それをどのように生かしておいていくのかの説明は、上の記事に任せるとして、TOEIC力をどのように身に着けていけばいいのか説明をしていきます。

 

Part3&4におけるTOEIC力を身に着けていく方法は2つあります。

 

TOEIC力を身に着ける正統派の方法

問題を解いて答え合わせをするときに、どこが分かっていたから解けたのか、どこが分からなかったから解けなかったのかをしっかり確認する。

そして、次に問題を解くときに、どこに答えの根拠がありそうで、どこに注意して聴けばいいのか、予想をたてて、実践していく。

このトライアンドエラーを繰り返して行う事で、TOEICの問題傾向や特徴をおさえながら、それを得点に結びつける力を身に着けていく。

 

TOEIC力を身に着ける裏技的な方法

TOEICの公式問題集の、日本語訳だけをひたすら読んでいく

どのような話の展開になっているのか、どのような質問が出題されるのか、どこが聞き取れれば問題を解くことができるのかを分析する。

最も手軽にTOEIC力を身に着けることができるが、実践力に欠ける。

 

TOEICPart3&4の勉強法まとめ

ここまで紹介した、TOEICPart3&4の勉強法をまとめておきます。

 

・TOEICPart3&4では、まずは問題演習から取り組み、自分の弱点を探してそれを克服していく。

・その時には、「語彙力」「リスニング力」「TOEIC力」の3つのポイントが自分に足りているのかを確認する。

・「語彙力」を克服したいときは、「日本語訳」を覚えるのではなく、単語や表現の「音」と「意味」を結びつけるようにする。

・「リスニング力」が足りない場合、1.2倍リスニングを繰り返し行う。

・「TOEIC力」をつけるには、Part3&4の問題傾向や特徴、それを生かした解き方を解説している記事を参照して、実践していく。

 

TOEICPart3&4を攻略できれば、TOEICのリスニングの7割は攻略できたことになります。
しっかり対策して、高得点を取れるようになりましょう!

 

管理人
管理人

このブログでは、TOEICを最低限の勉強量で攻略する方法を公開しています。ご質問やご意見などありましたら、コメントにお書きください。

 

コメント

  1. […] そのためのおすすめの勉強法や教材は、TOEICパート3・4の勉強法とおすすめ教材という記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください! […]

  2. […] ・パート3・4勉強法とおすすめ教材 […]

タイトルとURLをコピーしました