TOEICパート3・4を攻略する方法を紹介!

パート3&4攻略

TOEICパート3・4を攻略しよう!

TOEICパート3・4が全然解けないんだけど・・・

パート3・4には楽に解くための攻略のカギがあるんだ。今回はそれを紹介していくよ!

TOEICパート3・4は、リスニングパートの大半を占める重要なパートです。

しかも、闇雲に勉強して簡単に結果がでるようなパートではないので、どの様な問題が出題されるのかをあらかじめ知っておく必要があります。

この記事では、そんなパート3・4を徹底的に分析してわかった、パート3・4の攻略のカギを紹介します。

※どの様なパートなのかざっくりと概要を知っている人向けの記事なので、初心者の方や問題をあまり知らない人は、パート3・4ってどんな問題が出るの?という記事から読んでいってください。

知っておくのとそうでないのとでは大きな差が出る、パート3・4の攻略のカギを紹介します。

この記事でわかること:パート3・4の問題を楽に解くために必要な攻略のカギ

TOIECパート3・4の攻略のカギ

TOEICパート3・4攻略のカギはのその問題の特徴にあります。

その特徴とは、

・話の流れがパターン化されていること
・毎回、出題される質問がほとんど同じであること

この2つです。

パート3・4ともに、最初に放送される会話文・説明文の話の流れが、一部の例外的な問題を除いて大体同じなので、次にどのような情報が会話ででてくるかというのが予想可能です。

また、話の流れが一緒であることで、そのあとに質問の内容も同じようなものばかりになります。

では具体的に、どのような話の流れなのか、どのような質問が出るのでしょうか?

それぞれについて問題例を踏まえて説明していきます。

攻略のカギ1:話の流れのパターン化

パート3・4に共通して、話の流れがパターン化していて、ほとんど同じ話の流れになります。

具体的には、

話のテーマ

追加情報

次の行動

です。

具体的な出題例を挙げます。(公式問題集の改題日本語訳です。)

女:やあジョン!先週の会議はどうだった?
男:やあモリ―。会議はとてもよかったよ。先方が私たちの商品を気に入ってくれてね。発注が決まったよ。
女:それはおめでとう!
男:君の商品開発があってこそさ。ありがとう。急いで発注の準備をしなくっちゃ。モリ―、手伝ってくれるかい?
女:もちろんよ!

最初には、話のテーマが提示されます。

ここだと、「先週の会議」についてですね。

次にそのテーマに関する追加情報がでてきます。

ここでは「先週の会議」というテーマに対して「先方が商品を気に入り、、発注が決まった」という追加情報が出てきます。

そして最後に次の行動が述べられます。

ここでは、「ジョンが取り掛かる発注の準備をモリ―が手伝う」です。

都合の良い問題だけ引っ張り出してパターンと呼んでいるわけではありません。

TOEICで出題されるほとんどの問題がこのパターンになっています

最新のTOEIC公式問題集のテスト6回分、66/69問がこの話の流れになっています。およそ96%の問題がこのようになっており、テストごとの差もないことから、本番でも同じ傾向になることが世称されます。(TOEICは本試験を公表していないのです。)

およそ95%近い問題がこのパターンになっているので、よっぽど大きな出題の変化がない限りは、一回分のテストの内でこのパターンに則っていない問題は23題中1~2程度、という事になります。

そして、話のパターンが決まっていることによって、質問の内容も大体同じに似ってしまいます。

攻略のカギ2:質問のパターン化

またこのように話のパターンが決まっているということで、質問の内容もパターン化されます

話のテーマ

追加情報

次の行動

という話の流れになっていることによって、質問も話の流れに沿ったものになります。

具体的にはそのまま話の流れに沿ったもので、

テーマに関すること(テーマから推測可能なこと)
追加情報について
次に何をするのか

ほとんどこの三つに関連したものになります。

先程の問題例を見て、どのような質問が考えられるか考えてみましょう。

女:やあジョン!先週の会議はどうだった?
男:やあモリ―。会議はとてもよかったよ。先方が私たちの商品を気に入ってくれてね。発注が決まったよ。
女:それはおめでとう!
男:君の商品開発があってこそさ。ありがとう。急いで発注の準備をしなくっちゃ。モリ―、手伝ってくれるかい?
女:もちろんよ!

まず、話のテーマは「先週の会議」です。

ですので質問としては「ジョンは先週何をしたのか?(A.会議に行ってきた)」や、テーマから推測可能な質問としては「ジョンの職業は何か?(A.サラリーマン)」などが考えられます。

次に出てきた追加情報は「先方が商品を気に入り、発注が決まった」という事です。

ですので、想定される質問は、「会議はどうなったのか?(A.成功した)」「なぜ発注をするのか?(A.先方が商品を気に入って、取引が成功したから)」などが考えられるでしょう。

最後には、次に何をするのかが述べられます。「ジョンが取り掛かる発注の準備をモリ―が手伝う」ことです。

これは「モリ―は次に何をするか?」「ジョンは次に何をするか?」という質問になるでしょう。

 

パート3・4攻略まとめ

パート3・4を分析してわかった大きな特徴は2つ。

話の流れがパターン化している
出題される質問が同じものばかり

これまで設制してきたように、パート3・4では、話の流れがパターン化していることによって、質問もパターン化していて、大体同じような構造の問題になっています。

よく、「TOEICのパート3・4は慣れが大切だ!」とよく言われますが、その慣れというのは、この話と問題文のパターンを無意識に覚えて、パターン当てはめて問題を解けるようになる、という事です。

慣れるために闇雲にたくさんの問題にとりかかろうとするのではなく、パターンを先に知ってから意識して問題を解いていく方がよっぽど効果的です。

また、話の流れがわかっていることによって、次にどのような展開があるのかを事前に予想できるので、圧倒的に話の内容が頭に入りやすくなります。

質問を先読みするときも同じです。質問の種類は大体決まっているので、それをあらかじめ知っておけば、質問の頭への入りやすさも段違いに良くなります。

ではこのような、パート3・4の分析を踏まえて、どのように解き進めていけばよいのか、どのような戦略にすればよいのか、という事を下の記事で紹介していますので、併せて読んでいただきと、より実践的な力をつけることができると思います.

TOEICパート3・4の解き方をどこよりも詳しく解説する

そして、TOEICパート3・4の問題演習をするときには、TOEICの問題をよく研究している参考書である必要があります。

ここで紹介したようなTOEICの出題のパターンに則った問題を解いていかなければ、ちゃんとした対策にはならないからです。
そのためのおすすめの勉強法や教材は、TOEICパート3・4の勉強法とおすすめ教材という記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください!

他のパートの攻略記事を見たい方はこちらからどうぞ→トップページ・記事一覧へ戻る

管理人
管理人

このブログでは、TOEICを最低限の勉強量で攻略する方法を公開しています。ご質問やご意見などありましたら、コメントにお書きください。

コメント

  1. […] 前回の記事「パート3・4を徹底的に分析してみた」を見てない方は、先にご覧ください。 […]

  2. […] この記事では、これまで解説してきた、パート3・4の分析、パート3・4の解き進め方を基に、勉強法やおすすめ教材を紹介します。 […]

  3. […] パート3・4では(→パート3・4の傾向と対策) […]

  4. […] ・各パートの傾向と対策→パート1・パート2・パート3・4、パート5、パート6、パート7 […]

  5. […] (各パートの傾向と対策→パート1・パート2・パート3・4、パート5、パート6、パート7) (各パートの解き進め方と戦略→パート1、パート2、パート3・4、パート5、パート6) 全体像と戦略がわかったら次に問題演習です。これは公式問題集を使いましょう。 […]

タイトルとURLをコピーしました