TOEICパート2の戦略!解き進め方から徹底解説!!

TOEICパート2の戦略とは?

パート2では、質問文が放送され、それに対する最も適切な回答を3択から選ぶという問題が25題出題されます。

本記事ではパート2の実践編として、戦略と解き進め方を解説していきます。

パート2全体の流れ

まずは、パート2全体の流れとタイムスケジュールを把握しましょう。

パート2の説明約30秒
↓↓
質問文の放送
↓↓
(A)(B)(C)の選択肢の放送
↓↓
5秒間の回答時間
↓↓
質問文

最初の説明を除いたこの流れが25セット続きます

また一題あたりの時間は約20秒ですので、約8~9分間これを繰り返すことになります。

音声しか放送されず、しかも繰り返しがないので、10分近く集中力を保つのはけっこうキツイです。

しかもパート1と同様に、回答時間が5秒しかないので、迷っている時間はありません。

すぐに判断して、どんどん回答していく必要があります。

パート2の解き進め方

パート2の分析と対策の記事で解説しましたが、パート2で正答を選ぶために最も重要なのは質問文の最初の三語です。

最初の三語が聞き取れれば、応答文の内容がだいたいわかるので、聞き取ることができれば、正答に大きく近づくのです。

しかし、パート2において、最初の三語をしっかり聞き取るという事は、簡単なことではありません

その理由は主に2つあります。

  1. 回答時間が5秒間しかないので、迷っている間に次の問題に進んでしまい、最初の3語を聞き逃してしまう。
  2. 10分近く音声のみを聞いて集中し続けなくてはいけないので、集中が途切れてついうっかり、聞き逃してしまう。

これはTOEICの上級者(900点オーバー)の人でも経験するようなミスです。

これを防ぐためには、即決即断で問題を解き進めて、わからない問題があっても頭を切り替えて次の問題に進んでいくことが必要なのですが、なかなかそれは難しいことです。

選択肢で迷ってしまったときでも、とりあえず適当にマークして、頭を切り替えて次の問題に進む。そんなこと、よっぽど切り替えがうまい人でなければ、なかなかうまくできないですよね。

ですので、最初の三語を決して聞き逃さないために、工夫をする必要があります

その工夫の方法を紹介していきます。

判断材料を絞る

まずは、選択肢に迷ってしまって次の問題の質問文の最初を聞き逃してしまう、ということを防ぐために、できるだけ迷いを少なくして次の問題に進むための方法を紹介します。

それは、判断材料を絞るという作戦です。

選択肢で迷ってしまう時の原因として考えられるのは、

  • 部分的にしか聞き取れなかったために、正誤の判断がつかない
  • 応答として成立してしまいそうな選択肢が何個かあるような気がしてしまう

などが挙げられるでしょうか。(ほかにもある方はコメントに書いていただけると嬉しいです)

部分的にしか聞き取れなかったときは(最初の三語を聞き逃した時は差し置き)、聞き取れなかった部分に入りそうな表現を勝手に想像してしまうと、回答時間の5秒間には絶対に間に合いません。

聞き取れなかった部分に入りうる単語や表現は、無数に存在してしまうので、考え始めると追わなくてはいけない可能性が無限にでてきてしまって、判断がつかなくなります。

なのでその時は、聞き取れなかった部分を補って応答文を吟味しようとするのではなく、聞き取れた部分だけを使って問題を解くことが必要です。

特に、質問文の最初の3語は、正答のための最も重要なヒントになっているので、聞き取れなかった部分に目を向けて正誤を考えるよりは、

聞き取った最初の三語だけを応答文を見比べて判断する方が、よっぽど生産的で得点に結びつきやすいです。

はじめにも言いましたが、最初の三語さえ聞き取れれば、応答文に入りうる返事は、だいたい想像がつくからです。

応答として当てはまってしまうそうな選択肢が何個かあるような気がしてしまう、という時も同様です。

その時も、最初の三語に判断材料を絞って、最初の三語の応答として最もふさわしいのはどれかという判断をしましょう。

複数の選択肢が正答になってしまいそうなときに考えられる原因は、可能性の追いすぎです。

質問文や応答文の、正答とは直接的には関係ない要素を聞き取れてしまったために、さまざまな可能性を検討してしまって、誤選択肢でさえも正答に見えてきてしまいます。

しかし、このパート2で求められていることは「質問文にふさわしい応答文を選ぶ」ということです。

なので、正誤の判断の時に最も意識するべきなのは、何が聞かれているかということなのです。

ですから、何が聞かれているかがわかる最初の三語に判断材料を絞るほうが良いのです。

消去法で探す

また、パート2で迷いを少なくするためのちょっとしたコツとしては、消去法で解くという事です。

問題を作る側の気持ちになれば、消去法が有効であるという事がわかりやすいと思います。

パート2の選択肢のうち不正解を作るとしたら、その選択肢は明らかに不正解であるものでないといけません。一方で正答は様々なパターンを用意することができます。

そのため、正解を見つけるよりも不正解を見つけたほうが楽です。

また3択であるため、たとえ正解がわからなくても、一つ消去できるだけで50%の確率で正解することができます。

集中を保つ

ついうっかりぼーっとしてしまって、質問文を聞き逃してしまった!

これは、TOEICを受験したことがある人のほとんどが経験することだと思います。

これは私がやっている方法で勝手に編み出した方法なので、実際にちゃんとした効果があるのかは不明なのですが、

質問文の前に「No.~」と問題番号が読まれるのですが、その時に頭の中で一緒に「No.~」という問題番号を言うという方法です。しかも、ハイテンションで言います

最近は、サンシャイン池崎というお笑い芸人を頭の中に登場させて、「ナンバー21!!!」と空前絶後の超絶怒涛のテンションで頭の中で言ってます。

※あくまで頭の中でです

すると、私の場合は、集中が途切れてしまっていたために聞き取れない、という事がなくなりました。

ぜひ試してみてください。

また、もう一つ大事なことはリズムをつかむという事です。

どのくらいの時間で次の問題に入るのか、をつかむために大体のリズムを把握しておきましょう。

パート2の目標正答数

700点~800点が目標の場合、17~18/25を正解し、残りの数問を消去法にて2択位に絞れれば良いでしょう。

600点が目標の場合、10/25を確実に正解し、残りを消去法で絞って正答率をあげれば十分です。

回答時間が5秒しかなく迷っている時間がないことと、消去法で絞って正答率を上げれば十分正答できる可能性があることを頭に入れて、解き進めるのが大切です。

おわりに

この記事では、パート2の戦略と解き進め方を解説しました。

基になっているパート2の分析記事や

TOEICパート2を分析!得点のポイントを押さえた対策とは? – スコアが必要な人のためのTOEIC攻略法

質問文が疑問文でないときの対策記事、

パート2、疑問文じゃないやつの対策方法は? – スコアが必要な人のためのTOEIC攻略法

パート2の勉強法と教材など

パート2おすすめの教材と勉強法 – スコアが必要な人のためのTOEIC攻略法

併せてお読みいただけると幸いです。

また、他のパートの攻略記事も載せていますので、下記よりお読みください。

記事一覧・トップへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!