トイックパート1を攻略する方法を解説!

TOEIC初心者向け攻略記事

トイック(TOEIC)パート1を攻略するために必要なこと

トイック(TOEIC)パート1を攻略するのは簡単です。

そもそもトイックの中でパート1は問題の難易度的にも一番簡単なパートではありますが、効率よく点を取るためのポイントがかなりはっきりしていることが、パート1の攻略をより簡単なものにしています。

その点数を効率よくとるためのポイントを抑えることで、より効率的にパート1を攻略できるようになります。

パート1は長いTOEICの試験の最初のパートなので、つまづくとそのあとのパートに悪影響が出ます。しっかりポイントを押さえて、無駄なく疲れない攻略を目指しましょう!

トイックパート1攻略のポイント!動詞句に注目しよう

トイックパート1で最も効率よく点を取るために抑えるべきポイントは、説明文の動詞(動詞句)だけ聞き取れれば大半の問題が解けるということです。

例題:説明文の動詞だけ見てみましょう。

写真
f:id:rakutoeic:20181025185247j:plain説明文
(A)They’re setting some furniture.彼らは家具を設置している
(B)They’re entering a meeting room.彼らは会議室に入っていくところだ
(C)They’re sitting at a table.彼らはテーブルのそばに座っている
(D)They’re cleaning the carpet.彼らはカーペットをきれいにしている

動詞だけでどれが正しいか、すぐにわかるはずです。

これは、都合の良い例題だけ引っ張り出してそう言っているのではなく、ほとんどの問題に通用してしまう技術です。

この特徴を生かせば、パート1を最低限の労力で安定して高得点できるようになります。

受験したことがある人ならわかると思いますが、TOEICは2時間という長時間の試験なので、パート1を最低限の労力で解き、体力を温存できることはTOEIC全体のスコアアップにつながります。

トイックパート1は動詞句に注目する!
動詞句さえ聞き取れれば、7割くらいの問題には正解できる。
☆これは実際に、最新の新形式公式問題集3&4(2018/10/25現在)に掲載されているパート1の問題24問を調べてみた結果です。動詞(動詞句)だけ聞き取れば解ける問題が18/24問、残り6問は2択まで絞ることができました。多少のばらつきはあるでしょうが、本番でも同様の傾向が予想されます。

トイックパート1で満点を狙いたい場合は?

上記の公式問題集の分析で述べていますが、この方法で選択肢を一つに絞ることができるのはおよそ3問中2問で、残りの一問は選択肢をおよそ2択ほどまでに絞るだけにとどまってしまいます

すべての問題に対して完璧に通用するというわけではありません。

放送される説明文の主語になりうるものが写真の中に複数個ある場合や、不正解の文の動詞が他のものにも当てはまってしまうようなものである場合など、この方法では答えを一つに絞り切れないことがあります。

6問中4~5問解くには、ここで紹介している方法を取れば十分なのですが、5~6問を安定して正答したいという人は、この方法だけでは少し不十分です。

パート1満点を狙う人は

満点を狙いたい人、安定して5~6問を取得したいと思っている人は、動詞のみを聞き取ろうとするのではなく、あくまで動詞を中心に聞きながらも、動詞に合う他の要素も断片的に拾っていく、という方法を取りましょう。

パート1の解き進め方という記事でも述べていますが、パート1では写真を放送の前に見ることができる時間があります。

その際に、出題されそうな動詞とその主語や付帯的な要素を頭の中でぼんやりと結び付けておき、それから放送される説明文を聴きます。

そのうえで、放送される説明文を動詞を中心に聞き、

その動詞が写真の状況に一致しているかどうかを判断

一致しているならば主語や付帯的な要素が正しく結びついているか

と段階をふんで選択肢を吟味していくのが良いでしょう。

全文をしっかり聞き取ろうとするよりも、効率よく高得点を狙うことができます。

パート1はなぜこのような方法が通用してしまうのか

なぜこのような裏技的な方法が通用してしまうのかというと、それはパート1の「問題としての弱点」があるからです。

英文に限らず、文において大切なのは「誰が何をしたか」の「誰」と「何」ですね?

このパート1では写真によってその「誰」がすでに書かれていしまっています。

ですので、放送される説明文うちの「何をしたか」という動詞の部分だけわかってしまえば、ほとんどの問題が解けてしまうというわけです。

わざわざ写真にすでに書かれているものまで、頑張って聞き取る必要はあまりない、という事なのです。

トイックパート1の攻略まとめ

パート1は動詞(動詞句)さえ聞き取れば、ほとんどの問題を解くことができる

ほんとうかな?と思う方はお手持ちの公式問題集を手に取ってみることをお勧めします。普通に解くよりもほとんどの問題を簡単に解くことができます。

このパート1の分析を踏まえて、

パート1の解き進め方と戦略!

という実践的な対策について書いてある記事と、

パート1のおすすめ教材と勉強法!

という勉強方法の記事もあわせてお読みいただくと、よりこの方法が生かせると思います。

当ブログでは私がTOEICで800点を超えた時に行っていた対策と勉強法をご紹介しています。

もしこの記事がよかった!と思ってくださったなら、はてなブックマークや読者になってくださると励みになります。コメントもお待ちしております。

他にも様々なTOEIC攻略記事を掲載していますので、下記よりご覧ください。

トップページ・記事一覧へ

コメント

  1. […] パート1の問題を徹底分析 […]

  2. […] パート1の徹底分析の記事内において、パート1は動詞句に注目するのがよいという話をしましたが、それを有効活用して以下のように解き進めるとよいでしょう。 […]

  3. […] […]

  4. […] ・各パートの傾向と対策→パート1・パート2・パート3・4、パート5、パート6、パート7 […]

  5. […] 当ブログではほかにも、パート1について、分析、戦略、勉強法と教材、についてそれぞれ開設した記事があるので併せて読んでいただけると嬉しいです。 […]

タイトルとURLをコピーしました