TOEICで800点を最短距離で取る方法とは?

目標点数別

TOEICで800点を取る方法とは?

TOEICで800点ってどうやったら取れるの?どういう戦略で何を勉強したらいいの?

TOEIC800点といえば、一般的にはかなりの高得点と評価される点数です。

その800点を最短距離で、最低限の労力で取得するために必要な対策とは何でしょうか?

まずはTOEICで800点を取るための戦略を紹介していきます。

TOEIC800点を取るための戦略

TOEICで800点を取るためにはおよそ8割の問題に正答する必要があります。(厳密には正答数≠スコアですが一旦置いておいて)

ですが実は、8割の問題に正答するために、完璧に解かなくてはいけない問題は8割ではありません。TOEICは選択肢問題だからです。

またTOEICは、選択肢から一つの正解を見つけ出すことは難しくても、不正解の選択肢を見つけ出して消去法で選択肢を絞ることは比較的容易であるという特長を持つテストです。(詳しくはTOEICの仕組みについて解説した記事を見てください)

したがって、8割の問題を正答するために、わかっていなければいけない問題は6~7割ほどで、残りの4~3割の問題を2択までしぼってあとは1/2の運任せ、というのが一番楽にTOEICで800点を取るための戦略です

運任せというのは少し怖いと思う人もいるかもしれませんが、TOEICは全200問ですので、その3割は60問になります。60問もあるならば、1/2の運任せで運悪く点数が大きく下がってしまう、という事は基本的にありえないです。安心して運に頼りましょう。

800点を取るために確実にわかっていなければいけない問題は6~7割と聞いてどうでしょうか?確率的には3問に1問は解けなくてもいいわけです。そう考えるとかなり気が軽くなったような気がしませんか?

では6~7割の問題を解き、残りの4~3割の問題を2択までしぼることができる力をどのように身に着ければよいでしょうか。

TOEIC800点を取るために必要な知識・教材

単語力

まず、最低限必要なのは単語力です。中学生レベルの単語に加えて、TOEIC対策として、およそ800語ほど覚える必要があります。しかし、スペルを覚えたり、日本語訳を正確に暗記する必要はありません。聞く、もしくはその単語を見て意味が頭に浮かべば問題ありません(詳しくはこの記事で解説しています→TOEICで必要な単語力について)おススメなのは「金のフレーズ」という単語帳です

たびたびこのブログで紹介しているこの「金のフレーズ」ですが、800点を取るために必要な単語がギュッと詰まっている最高の単語帳です。単語力に不安があるならこの本を徹底的に取り組むとよいでしょう。

問題演習(問題慣れ)

また、800点レベルでは各パートでどのような問題がでてくるのか、どのように解き進めていけばよいか、というTOEICの全体像を知っておかなければなりません。

各パートの攻略方法については、当サイトの各パート攻略記事で詳しく解説しています!
トップページ・記事一覧へ

全体像と戦略がわかったら次に問題演習です。これには公式問題集を使いましょう。

時間配分や問題の進め方(パート3・4の先読みやリーディングの時間配分など)ができるようになるためには問題演習が欠かせません。本番形式で時間を計りながら解きましょう。またリスニングもイヤホンで聞くのではなくスピーカーを使うなどして、できるだけ環境を本番に近づけることが大切です。

パート毎の重点対策

8割の問題を正答するために、わかっていなければいけない問題は6~7割ほどで、残りの4~3割の問題を2択までしぼってあとは1/2の運任せ、というのが一番楽にTOEICで800点を取るための戦略です

と先程述べたように、残りの問題を2択までしぼることが必要なので、問題を解く中で、さっぱりわからず選択肢を絞ることができないような問いがあるのは致命的です。
ですので、単語力・問題演習とともに、重点的に苦手つぶしをすることが800点を取るために必須です。

800点台では、基本的にはすべてのパートをある程度正答する力が必要です。

自身のないパートや苦手意識のあるパートを重点的に取り組みたいならば、スタディサプリのTOEIC対策コースのうち、自信のないパートのパーフェクト講義を受講しましょう。英語受験会で有名な関先生という方のTOEIC講義を受講することができます。1週間無料お試しができるので、1週間以内に辞めれば料金は発生しません。

【スタディサプリ ENGLISH】左記から登録・受講できます。

このパーフェクト講義は、TOEIC初心者~中級者の人によくおすすめしているものですが、すでにある程度の点数を持っている人であっても、見なおしてみると新たな発見や、自分の知識の再確認ができます。すべてを完璧に受講する必要はないですが自分の苦手な分野・パートだけをかいつまんで受講するとブレイクスルーにつながる可能性大です

さいごに

TOEICを最短距離で、最低限の労力で攻略しようというコンセプトの当ブログですが、800点ともなるとさすがに楽にとはいきません。かといって、無理な努力を続けないと取れないような点数ではないですし、特別な英語力も不要です。

個人差はあるとは思いますが、当ブログで指摘しているTOEICのテストとしての弱点や、各パートの攻略法などを読み、適切な対策と戦略を立てれば、容易に達成できるスコアです。

800点を取った後の自分を想像してモチベーションを保ちながらコンスタントに勉強を進めましょう!!

トップページ・記事一覧へ

コメント

  1. […] TOEICで800点を取るには? […]

タイトルとURLをコピーしました