TOEICで700点を最短距離で取る方法をとは?

TOEICで700点を取る方法とは?

TOEICで700点ってどうやって取ったらいいの?

TOEICで700点というスコアは、TOEICを受験している人の内、およそ上位3割の人しかとることができないスコアです。

そもそもTOEICを受けるような人は、普段から英語を勉強していたり、英語が得意だったりします。ですから世間一般から見れば、その中での上位3割である700点というスコアは、英語力に関してはかなりの高評価を得ることができるスコアです。

しかし、TOEICの700点はその世間的な高評価に比べて、実際の難易度はかなり低かったりします。適切な攻略方法を身に着ければTOIEC700点はかなり楽に取得できます。

まずは、その700点を最短距離で取得するための戦略を練っていきましょう!

TOEICで700点を取るための戦略!

TOEICで700点を取るためにはおよそ7割の問題に正解しなくてはいけません。(限見るに言うと正答数≠点数なのですがそこは差し置き)

ですが実のところ、問題を完璧に理解して正答しなくてはいけない問題は7割ではありません。TOEICは選択肢問題だからです。

またTOEICは、「選択肢から一つの正解を見つけ出すことは難しくても、不正解の選択肢を見つけ出して消去法で選択肢を絞ることは比較的容易である」という特長を持つテストです。(詳しくはこの記事を見てください)

したがって、7割の問題を正答するために、わかっていなければいけない問題は5~6割ほどで、残りの5~4割の問題を2択もしくは3択までしぼってあとは運任せ、というのが一番楽にTOEICで700点を取るための戦略です

たとえ5割の問題がわからなくても、残りの5割を2択までしぼることができれば、75%正解することができるのです。

運任せというのは少し怖いと思う人もいるかもしれませんが、TOEICは全200問ですので、その4割は80問になります。80問もあるならば、運任せで運悪く点数が大きく下がってしまう、という事は基本的にありえないです。安心して運に頼りましょう。

およそ半分の問題はわからなくてもいい、と思うと700点に対するハードルがかなり低くなったように思いませんか?

実は、この考え方ができるかどうかがTOEICで700点を簡単に取得できるかどうかの境目です。TOEICの問題は、選択肢を消去法で2択まで絞るのが非常に簡単な試験です。しかし、そこから一つに絞るのはなかなか大変なテストです。
また、TOEICは制限時間と様々な難易度の問題を、難易度順ではなく混合して出題しているテストですから、消去法で2択まで絞って、分からなければ適当にマークして次に次に進んで最後まで終わらせることで、TOEICの試験としての特徴にマッチした解き方ができるのです。

では、半分の問題に正答する力と、半分の問題の選択肢を絞るために何をしたらよいのかをご紹介していきます。

TOEIC700点を取るために必要な教材・知識

単語力

まずは単語の意味が分かっていなければ話になりません。TOEICで700点を取るためには、最低限出てくる単語の内8割ほどの意味が分かってないといけません

具体的には、中学生レベルの単語に加えてTOEIC対策として、およそ800語ほど覚える必要があります。しかし、スペルを覚えたり、日本語訳を正確に暗記する必要はありません。聞く、もしくはその単語を見て意味が頭に浮かべば問題ありません(詳しくはこの記事で解説しています→TOEICで必要な単語力について

おすすめの教材は、「金のフレーズ」や「銀のフレーズ」という単語帳です。
有名なので知っている人も多いかもしれませんが、この単語帳に出てくる単語や例文が、本当にそのまま本番で出題されると評判の単語帳です。作者はTOEICをよく研究されているTEX加藤という方で、非常に信頼できる単語帳です。

問題演習(問題慣れ)

全体像と戦略がわかったら次に問題演習です。これは公式問題集を使いましょう。

時間配分や解き進め方を本番で使えるように身に着けるためには、実戦練習が欠かせません。できるだけ本番に近い状態で、時間を計りながら解きましょう。

パート毎の対策

7割の問題を正答するために、わかっていなければいけない問題は5~6割ほどで、残りの5~4割の問題を2択もしくは3択までしぼってあとは運任せ、というのが一番楽にTOEICで700点を取るための戦略です。

と先程述べたように、700点を取るためにはおよそ半分の問題を確実に正解できなければいけません。半分の問題を正解するために、苦手なパートを克服するべきなのか、得意なパートを伸ばすべきなのか、自分の得意不得意に合わせて作戦を立てましょう。

 

得意なパートを伸ばしたいという方は問題演習を中心に学習しましょう。「究極のゼミ」シリーズや問題集などで問題演習をして、わからなかった点を復習して再び問題演習をしていくことで、自分の穴を少しずつ埋めていくことができ、落とす問題を減らすことができます

さいごに

私が560点から710点を取得するのにかけた期間はおよそ2か月で、勉強時間は70時間ほどです。巷でよく言われているTOEICの勉強時間より、ずっと少ない時間で700点を取得しています。これができたのは、正しい作戦を立てて、TOEICで点数につながる勉強をしてきたからです。

しかしその労力に比べて、TOEIC700点という資格に対する評価は結構高いです。非常にコストパフォーマンスが高いお得な資格です。

修行のようにがつがつ勉強する必要は全くありません!コンスタントにコツコツと学習を進めて、TOEIC700点を取得しましょう!

各パート毎の攻略記事などもたくさん掲載してますのでぜひご覧ください!

トップページ・記事一覧へ

最新情報をチェックしよう!