TOEICの単語を暗記法!短期間で大量に覚える方法を紹介

TOEICだからできる単語暗記法!

TOEICの単語がなかなか覚えられないや

TOEICにはTOEIC用の単語の覚え方があるんだ。その方法は短期間で大量に単語をあんきするときにとても有効なんだよ!

TOEICである程度の点数を取るためには、ある程度の単語を覚えていないといけません。700点以上を目指すのであれば、中学レベルの英単語に加えて、1000語ほどは暗記する必要があります。

1000語と聞くと途方もない数字に聞こえるかもしれませんが、TOEIC対策のみを目的として単語を覚えるならば、実はそこまで大変ではありません。

この記事では、TOEIC対策としてする必要がない単語の覚え方と、TOEICのための単語暗記法を紹介します!

TOEICでする必要がない単語暗記!

細かいスペルは覚えなくてよい!

TOEICは書き取り問題が存在しませんから、スペルを覚える必要はありません。

単語を見て、聞いて、その意味がわかればよいだけです。

したがって単語をノートに何回も書いたりする必要は全くありません。

日本語訳を正確に覚える必要はない!

英単語にはそれぞれ日本語訳がふられていますが、それを正確に覚える必要はありません。TOEICで求められる単語力とは?という記事内で言及しているのですが、

その時には単語の「意味」だけ覚えれば十分です。いわゆる「日本語訳」を正確に覚える必要はそこまでありません。単語を見て、その単語の意味が頭の中で想像さえできれば十分です。たとえば、「exceptional:並外れた、非常に素晴らしい」という単語があります。この単語を覚える際に、並外れた、と非常に素晴らしい、という日本語訳を覚えようとするのではなく、「すっごくいい」という意味とexceptionalという単語を結びつけるようにしましょう。「並外れた、非常に素晴らしい」という日本語訳は、その意味との結びつきをするための補助でしかありません。

TOEICには単語ごとの細かい意味を問われるような問題はすくないです。

また日本語訳を必死に覚えようとすると、実際にテストでその単語が出てきた際に、日本語訳を介して意味を理解しようとしてしまうため、時間がかかってしまいます。

TOEICに必要なのは単語の日本語訳ではなく、単語の意味をタイムロスなくわかる力、です。

TOEICですべき単語練習

まず大前提:単語練習はくりかえしてナンボ!

こちらの記事で詳しく述べていますが、TOEICで必要な単語力とは、単語の意味をタイムロスなくわかるようになるという事です。

そのようになるためには、単語を何度も繰り返し反復して学習しなくてはなりません。しかし、覚えなくてはいけない単語が1000語もあるとなると、何度も繰り返すためには、一語一語の学習にかける時間を短くして、一気に大量の単語を学習していく必要があるのです。

だからTOEICの単語練習で、一語一語に時間をかけて取り組んだり、何回も書きとったりして覚えようとするのはNGです。

おすすめの勉強法!

私のおすすめの勉強法は、単語帳を見て、一語当たり一秒でどんどん解き進めていくという方法です。私は「金のフレーズ」という単語帳でそれを実践したのですが、

日本語訳を見て、一秒以内に単語の意味が出てこなかったらチェック、出てきたらスルーをするという方法で一秒ごとにどんどん解き進めていきます。

ある程度終わったら(私は50語をめどにしていました)最初に戻り、チェックをつけた単語のみを同じように1語一秒で解き進めていき、これを何回も繰り返して全問正解を目指すという方法です。

この方法の良いところは時間がかからないという事と、TOEICに求められるタイムロスなく単語の意味が分かる力が身につくという事です。

最初の一週目は大変なのですが、何周もしていくうちに、どんどん覚えられるようになってきます。

この方法で私は2週間ほどでTOEICに必要な単語をある程度身に着けることができました。

おすすめなのでぜひやってみてください!

トップページ・記事一覧へ

コメント

  1. […] TOEICの英単語を覚える時におすすめの方法を、TOEIC単語を暗記する方法!という記事で紹介していますので見てみてください。 […]

  2. […] 詳しくは、パート5の勉強法の記事、TOEICで必要な単語の覚え方の記事をご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました